古川雄輝が“猫ファースト”の撮影回想、細田佳央太は映画で再会したチャーからシャーッ

古川雄輝が“猫ファースト”の撮影回想、細田佳央太は映画で再会したチャーからシャーッ

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2022/08/06

劇場版 ねこ物件」公開記念舞台挨拶が本日8月6日に行われ、キャストの古川雄輝細田佳央太長井短上村海成本田剛文松大航也金子隼也、監督を務めた綾部真弥が登壇した。

No image

「劇場版 ねこ物件」公開記念舞台挨拶の様子。左から金子隼也、本田剛文、長井短、古川雄輝、細田佳央太、上村海成、松大航也、綾部真弥。

すべての画像・動画を見る(全5件)

No image

本作は猫付きのシェアハウス・二星ハイツを運営する二星優斗が、幼い頃に離ればなれになった弟を探そうとする物語。 古川は猫の安全に配慮した“猫ファースト”の撮影現場を振り返る。屋外などで猫を抱っこするシーンについて「見えないように糸でくくったり、実はカメラの反対側にネットを貼ったりと。そういう対策をしながら撮影しているんです。それからカチンコの音も小さく鳴らすなど配慮をしていましたね」と語った。

細田は「映画の撮影で(猫の)チャーを抱いたら、いきなりシャーッと言われたんですよ。ドラマで言われたことはなかったんですけど、映画ではスーツを着ていたのもあって、違う人に見られたのかな……。何回かシャーッと言われました。もしかしたら危機感を覚えたのかもしれない」と苦笑い。物語にちなみ自身の癒やしに関する話題になると、上村は「実は『ねこ物件』を機に、実家で猫を飼い始めました。まだ1カ月くらいしか経っていないですが、猫といる時間が癒やし」と明かした。

私生活でも猫を飼うほど大の猫好きである古川は、「猫とは?」という質問に「主人公の優斗と考え方は一緒で家族ですね。いて当たり前の存在。この映画同様、癒やしの存在です」と返答。さらに「皆さん、もうおわかりだと思いますが、究極の癒やし映画になっています。かわいい猫ちゃんもそうですが、成長していく優斗の姿もありますし、おいしいごはんも出てきます。この夏にピッタリな癒やし映画なので。ぜひ劇場に来てください」と呼びかけた。

「劇場版 ねこ物件」は全国で公開中。

(c)2022「ねこ物件」製作委員会

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加