オリックス連勝!田嶋がプロ初完封、杉本が援護弾

オリックス連勝!田嶋がプロ初完封、杉本が援護弾

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/09/16

(パ・リーグ、オリックス2-0楽天、14回戦、オリックス8勝5敗1分、16日、ほっと神戸)約2カ月半ぶりの白星を目指し、オリックス・田嶋が左腕を振った。

今季初勝利を挙げた7月4日の西武戦以降、9試合続けて勝ち星がない。一時は防御率2点台をマークしてゲームをつくり続けたが、打線の援護に恵まれなかった。前回9日の西武戦では2回9失点(自責8)と今季初めて炎上。4敗目を喫し、防御率は4・02と悪化した。

田嶋は「原因は分かっているので、修正できます。マウンドで投げてるときに分かっていた。実力不足です」と反省しつつ、「過去は振り返らない。冬(オフ)からずっとやってきたことを信じている。継続することが重要」と気持ちを切り替えて、マウンドへ向かった。

立ち上がりから全力で飛ばし、直球は最速151キロを計測した。七回までに許した安打はわずか2本。圧巻の投球で、味方の援護を待った。

打線は涌井の前に四回まで1安打と抑えられていたが、五回先頭の杉本が左翼席上段へ先制の1号ソロ。力投する田嶋を援護した。(西垣戸理大)

No image

完封勝利し伏見に祝福されるオリックス・田嶋=ほっともっとフィールド神戸(撮影・岡田茂)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加