【府中牝馬S 血統データ分析】上位人気馬を過信しづらいディープインパクト

【府中牝馬S 血統データ分析】上位人気馬を過信しづらいディープインパクト

  • netkeiba.com
  • 更新日:2021/10/14
No image

府中牝馬Sで期待できる血統とは?

16日に東京競馬場で行われる府中牝馬S(3歳上・牝・GII・芝1800m)について血統・種牡馬別に検証していく。

過去10年で最多となる7回の馬券絡みがディープインパクト。次点で3回のハーツクライが続き、2回がマンハッタンカフェ、ステイゴールド、クロフネ、ヴィクトワールピサ、メイショウサムソンとなっている。

ディープインパクト産駒は[1-4-2-17]。12年に産駒が初出走を果たしてから長らく勝ちあぐねる結果が続いていたものの、昨年のサラキアによって初勝利を達成することになった。ただし、そのサラキアも7人気と伏兵扱いにとどまっていたように、1〜3人気は[0-3-2-5]と過信しづらい傾向は変わらず、昨年もラヴズオンリーユー(1人気5着)とダノンファンタジー(2人気6着)が揃って馬券圏外に敗れている。今年はサトノダムゼル、サンクテュエール、デゼル、ドナアトラエンテ、マジックキャッスル、リアアメリア、レッドベルディエスの7頭が出走予定。

ハーツクライ産駒は[0-3-0-6]。昨年は6人気のシャドウディーヴァが2着と好走するほか、16年2着マジックタイム、18年2着リスグラシュー、と産駒の出走機会があった直近3回(17・19年は不出走)ではいずれかの馬が連対している勢いがある。今年はシャドウディーヴァ、クラヴァシュドール(除外対象)の2頭が特別登録。

初出走となるキズナ産駒はアカイイト、アブレイズ、スマートリアン、マルターズディオサと4頭が該当。ディープインパクトの後継種牡馬としても動向が注視されるが、当該コースでは[5-7-6-21]複勝率46.2%と優秀な数値を記録しており、直近では21年メイSをアブレイズが制するなど上級戦での活躍も目立つ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加