夏木マリ、来春放送のNHK朝ドラ「おかえりモネ」に出演

夏木マリ、来春放送のNHK朝ドラ「おかえりモネ」に出演

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/09/14

歌手で俳優、夏木マリ(68)が2021年度前期NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜前8・0)に出演することが14日、同局から発表された。

宮城・気仙沼湾沖の島で生まれ育った主人公・百音(清原果耶、18)が登米市の森林組合で働きながら、気象予報士を目指していく成長物語。夏木は百音を下宿させる登米の資産家を演じる。

朝ドラ出演は「ひまわり」(1996年前期)、「カーネーション」(2011年後期)に続き、10年ぶり3度目。「主人公のモネの未来を導く役どころで、モネが将来に向かって自分らしく生きていくサポートができればと思っています」と気合十分だ。

ほかには、西島秀俊(49)が、百音が気象予報士を目指すきっかけを作る気象キャスター役で出演。坂口健太郎(29)が地元の医師、浜野謙太(39)が森林組合の課長、でんでん(70)が組合の古参職員を演じる。

No image

夏木マリ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加