美魔女税理士がぶっちゃけトーク! 「経費」で落とせるもの、落とせないもの

美魔女税理士がぶっちゃけトーク! 「経費」で落とせるもの、落とせないもの

  • オトナンサー
  • 更新日:2022/01/15
No image

「経費」のこと、理解していますか?

そろそろ、確定申告の季節です。特に大切なのが「経費」の扱い。「この領収書は経費になるのか、ならないのか、どっちだっけ?」など悩む人が続出します。今回は、税理士の脇田弥輝さんに「経費」について伺いました。近著に「何も知らなくても大丈夫!フリーランスの税金と経費と確定申告」(ソシム)があります。

経費になるもの

税金を計算するときには、利益が少ない方が税金は少なくなります。そこで大切なのが「経費」です。しかし、税金を少なくするために、必要でないものを経費扱いすることはできません。では、経費とは一体何でしょうか。脇田さんは次のように解説します。

「経費とは『売り上げにつながる支払い』『売り上げに必要な支払い』のことをいいます。経費で落とすというのは『経費になる』といいますね。必要じゃない経費は経費とはいいません。それはただの出費です」(脇田さん)

「経費になる例を見ていきましょう。仕入れや材料、文具や交通費、このあたりは間違いなく、経費になります。仕事仲間や取引先となら、レジャーも交通費で経費になります。仕事関係のオンライン飲みのお酒やおつまみも経費になります」

また、「家事案分」についても覚えていた方がいいと脇田さんはいいます。

「車とか、自宅兼事務所とか、スマホ代とか、事業用に専用のものを持っていれば、全額経費になります。プライベートで併用している場合は事業で何割使っているか、割合をかけた分だけ経費にできます。これを『家事案分』といいます」

「土日も仕事するとか、長い時間、仕事をするなら、それに応じて計算します。副業は平日の夜、週末しかできないので割合は低くなります。スマホ代は、ほぼ仕事に使っているなら、9割くらいは入れられるかな。そのためにも、税務調査になったときに『どういう理由で何を経費にしているか』を説明できるようにしておくことが必要です」

経費にならないもの

実は、仕事をするために必要そうな支払いでも経費にならないものがあります。それは一体何でしょうか。脇田さんは次のようにいいます。

「保育園代は経費になりません。仕事のために預けるのになぜ?と思う人もいるでしょう。育児は家庭でやるものであって、保育料はその家庭のことをお願いしていると判断されるためです。ローンの支払いも経費になりません。未払い金が減るだけです。お金を借りたときに、お金は増えたけど収入にならないのと同じです」

「他にも、家族で食べるご飯、実家への手土産や奥さまへのブランドバッグのプレゼント、仕事に関係のない人との飲み代、幼なじみの結婚式のご祝儀や美容院代、自分がする高価な腕時計なども経費にはなりません」

実は、驚くなかれ、領収書を見ただけで、家族との食事か仕事関係か分かってしまうらしい。1年分を見ると傾向があるようで、税務関係者にはお見通しのようです。

レシートと領収書、どっちがいい

経費の証拠となるレシートと領収書。一体どちらがいいのでしょうか。

「レシートと領収書、どちらでも大丈夫です。それぞれにいい面、足りない面があります。レシートには宛先は書いていませんが、スーパーやコンビニ、レストラン、駐車場などから受け取る領収書の場合、宛名がなくてもいいことになっています」

「スーパーやコンビニでまとめて、『お品代』とすると、何を買ったのか分かりません。事業との関連性が証明できなくなってしまいます。その点では、レシートの方が、買った品物が分かるのでおすすめです」

いずれにしても、大切なことは「いつ、誰に、何のために、いくら支払ったのか」が説明できることです。確定申告の提出期限間際は非常に混みますので、今から準備しておきたいものです。

コラムニスト、著述家 尾藤克之

尾藤克之(びとう・かつゆき)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加