面倒でもお手入れをサボるのはNG! 加湿器に菌を繁殖させないためには

面倒でもお手入れをサボるのはNG! 加湿器に菌を繁殖させないためには

  • ママテナ
  • 更新日:2021/11/25
No image

加湿器に日常的なお手入れはつきものですが、もし、きちんとできていないなら注意が必要。つい後回しにしていると、菌が繁殖してしまう可能性もあるのです。では、どんな菌が繁殖して、私たちにどんな影響を及ぼすのでしょうか? 医師の清益功浩さんに聞きました。

ご存知ですか? 加湿器にお手入れが必要な理由

乾燥が気になる季節、大活躍なのが加湿器。自宅はもちろん、オフィスでも手放せないという方も多いことでしょう。にもかかわらず、意外と怠りがちなのが日常的なお手入れです。

水道水に含まれる成分を放置すると、いずれ汚れの原因に

水を蒸気にしているため、不衛生というイメージが浮かびににくい加湿器ですが、思った以上に汚れていることがあります。加湿に使う水道水には消毒のための塩素などが含まれておりますが、カリウム、ナトリウムといったミネラル成分が含まれているので付着したまま放っておくと汚れとして蓄積されてしまうもの。時には、加湿フィルターが目詰まりすることもあるんです。目詰まりしたフィルターは水を吸い上げにくくなるため、加湿能力が低下。それを補おうとして加湿器が風量を上げれば消費電力が大きくなり、ムダな電気代もかかってしまいます。

タンクやフィルターに水分が残っていると、菌が繁殖しているかも!

さらに怖いのが、衛生面でリスクがあること。医師の清益さんによると、「加湿器に残った水分やタンク内の水をそのままにしておくと、真菌(カビ)や細菌が繁殖することがある」そうです。

「ある研究※1
で気化式加湿器の微生物汚染について調べたところ、水を入れたタンクや濡れた状態の加湿フィルターには、1日から3日ほどで多くの細菌が繁殖したという結果が出ています。特に数の多かった細菌は自然界に広く存在する種類で、髄膜炎や尿路感染症を引き起こす可能性があり、免疫不全患者に影響を及ぼしたりするものでした。

同じように細菌が繁殖するかどうかは、種類や温度などの条件によっても異なるとはいえ、やはり加湿器の日常的なお手入れは必要。さらに、タンクに残った前日の水も翌日に使い回したりせず、必ず新しい水道水に入れ替えるようにしてください」

※1 勝井則明 他 気化式加湿器の微生物汚染に関する実験的研究。空気調和・衛生工学会論文集No.61,1996年4月。

加湿器で繁殖し、集団感染を引き起こしたレジオネラ菌

「また、加湿器に繁殖したレジオネラ菌という細菌が原因で、実際に集団感染が起こったケースもあります」と、清益さん。

「2018年1月、大分県の高齢者施設において80代~90代の男性3名がレジオネラ菌に感染しました。この原因となったのが、加湿器。タンク内で増殖したレジオネラ菌が、加湿された空気と共に放出されて室内に広がり、これを吸い込んだことで感染したと見られています。こうしたことからも、加湿器を使用する際はタンクの内部を洗浄するなど、常に清潔な状態にしておくことが重要です」

身近なところにも生息する! レジオネラ菌ってどんな細菌?

加湿器という身近なところから感染が報告されたレジオネラ菌。ドキッとしてしまいますが、そもそもレジオネラ菌とはどのような細菌なのでしょうか?

「レジオネラ菌は土壌や河川などの自然環境に生息していますが、本来その数は多くありません。問題となるのは人工的につくられた水環境で繁殖してしまうこと。循環設備が不十分な場所や、かけ流しではない温浴施設、冷却塔や噴水、そして加湿器などで見られます。レジオネラ菌に汚染された水環境からのエアロゾル(空気中に浮遊する微細な粒子)を吸い込むことで、レジオネラ症と呼ばれる感染症となる可能性があります。ちなみにレジオネラ症は人から人にうつることはありません」

mamatenna

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加