18歳の桜井心那が新人Vへ4位発進 「フワフワしないで落ち着いて」/国内女子

18歳の桜井心那が新人Vへ4位発進 「フワフワしないで落ち着いて」/国内女子

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/08/05
No image

10番ホール、ティーショット後にピースする桜井心那=北広島市 札幌国際カントリークラブ 島松コース(撮影・三浦幸太郎)

北海道meijiカップ第1日(5日、北海道・札幌国際CC島松C=6557ヤード、パー72)昨年11月のプロテスト合格のルーキー桜井心那(ここな、18)=フリー=が5バーディー、3ボギーの70で回り、首位と2打差の4位と好スタートを決めた。プロ転向後、レギュラーツアー2度目の挑戦で上位争いに食い込む。68で回った鈴木愛(28)=セールスフォース=が単独首位。1打差の2位で上田桃子(36)=ZOZO、内田ことこ(19)=加賀電子=が追う。

長崎出身の桜井が、プロとしてレギュラーツアー2度目の挑戦で4位発進。笑みがこぼれた。

「スタートがボギーでフワフワしていたが、次のホールでパーセーブしてからいつも通りのプレーを取り戻せた」

強風の中で、10番から出てボギー発進。12番(パー5)でピン2メートルを沈めて戻し、15番、16番(ともにパー4)では1メートルにつけ連続バーディー。後半も崩れず2アンダーにまとめた。

3月に長崎日大高を卒業した18歳。ドライバーの飛距離と高いパーオン率(72%で下部ツアー1位)を武器に、昨年11月のプロテストに一発合格。今年の下部ツアー「ECCレディス」で優勝するなど現在同ツアーの賞金ランキングでトップを走っている。

前回の出場は5月の「ほけんの窓口レディース」で結果は予選落ち。2日目に向けて「フワフワしないで落ち着いて。自分のゴルフが精いっぱいできれば」。桜井がこのままスコアボードを駆け上がる。

▼桜井 心那(さくらい・ここな) 2004(平成16)年2月13日生まれ、18歳。長崎市出身。長崎日大高卒。6歳でゴルフを始める。21年「九州女子選手権」、「九州ジュニア」優勝。21年11月にプロテスト合格。今年6月に下部ツアー「ECCレディス」でプロ初優勝。今季の下部ツアー賞金ランク首位(735万500円)。166センチ、62キロ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加