終末時計、過去最短の「残り90秒」に ウクライナ侵攻などで脅威高まる

終末時計、過去最短の「残り90秒」に ウクライナ侵攻などで脅威高まる

  • CNN.co.jp
  • 更新日:2023/01/25
No image

地球滅亡までの時間を表す「終末時計」の針が残り「90秒」に/Anna Moneymaker/Getty Images

(CNN) 米科学誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」は24日、地球滅亡までの時間を表す「終末時計」の針を進め、午前0時までの残り時間を過去最短の「90秒」とした。

終末時計の午前0時は世界の終わりを象徴的に示す。同誌は毎年、現在時刻を決定している。2020年から22年までの残り時間は100秒だった。

終末時計が創設されたのは1947年。当時は米国とソ連が核軍拡競争に向かっており、人類にとって最大の脅威は核戦争だった。

今年の終末時計を10秒進める決定は、主にロシアによるウクライナ侵攻と、核兵器の絡む情勢激化のリスクが高まっていることに起因する。ブレティン誌が報道向けの発表で明らかにした。

また気候危機のもたらす継続的な脅威のほか、新型コロナなど生物学的脅威に関するリスクの低減に必要な複数の規範や機関が機能停止に陥っていることも要因になったとした。

同誌のレイチェル・ブロンソン社長兼最高経営責任者(CEO)は、「我々は前例のない危機の時代を生きている。終末時計が反映しているのはそうした現実そのものだ」「専門家らはこの判断を軽く見てはならない。米国政府と北大西洋条約機構(NATO)の同盟国、ウクライナは対話の経路を数多く持っている。各国の指導者たちに強く求めるのはそれらすべてを模索し、全力を挙げて時計の針を戻すことだ」と訴えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加