【浦和】リカルド監督が補強に言及、求めるのは「前線のポリバレント」。獲得が「実現しなかったケースも」

【浦和】リカルド監督が補強に言及、求めるのは「前線のポリバレント」。獲得が「実現しなかったケースも」

  • サカノワ
  • 更新日:2022/01/15
No image

日本代表の酒井宏樹と語り合う浦和のリカルド・ロドリゲス監督。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

目標は『リーグ優勝』。「浦和レッズは今日からリーグ優勝を念頭に置いて戦っていきます」

J1リーグの浦和レッズが1月15日に始動し、リカルド・ロドリゲス監督がトレーニング後にオンラインによる取材に応じて、新シーズンへの抱負を語った。

指揮官は目標について、「リーグ優勝です」と断言。西野努テクニカルダイレクターと同じく、そのために戦っていくと強調した。

「昨年はACLの出場権獲得が目標で、それを達成できました。今年の挑戦は簡単なものではありませんが、浦和レッズは今日からリーグ優勝を念頭に置いて戦っていきます。もちろん4つの大会に参加していて、浦和の監督としては、どの試合でも勝利やタイトルを目指し、その中でもリーグ戦の優先順位が高いです」

また、先日の新体制発表会で西野TDが「最後のピース」を求めているとした補強について問われると、次のように言及した。

「まだ補強は終わっていません。実現しなかったケースもあり、ウインドーが閉まるまで、補強はしていきたいと思っています。とはいえ、これまでのクラブの選手獲得について満足しています。サッカーのスタイルに合う選手の特徴をクラブに伝えていて、そのような選手を獲得してくれました。

今日の練習で新加入選手たちの振る舞いを見ていると、非常に良かったと感じています。最終的なメンバーが確定するまでもちろん補強は続けていきますが、このメンバーでチャレンジしていきたいと思っています」

現在FW登録はキャスパー・ユンカーと高卒ルーキーの木原励のみ。その欲するタレントとはずばりFWか――。その問いに指揮官は次のように語った。

「前線の選手ですね。可能であればポリバレントで、複数のポジションをこなせるような選手です。得点力もあれば、プレッシングも掛けられる。機会を生むことのできる選手を求めています」

現在スウェーデン代表ウイングのダヴィド・モーベルグが、日本政府による感染症の水際対策のため入国日が決まっていない。それでも外国人選手を狙うのか、あるいは国内からの獲得もあるのか!? 浦和の補強はさらにここからもある、ということだ。

【注目記事】
浦和が始動!さっそくゲーム形式で汗を流す

日本人選手市場価格ランキングTOP20。久保建英4位、南野拓実3位、1位は初めてあの男!Jリーグ勢トップ、浦和の酒井宏樹に

マン・C、バルサ移籍…松井大輔が「見栄えはいいが、意味ない」と警鐘を鳴らす。“ヒーロー”になってこそ出世できる。内田篤人と語り合う

[文:塚越始]

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加