フルチューンのトヨタ『GRMNヤリス』、モリゾウ試走から直行...東京オートサロン2022

フルチューンのトヨタ『GRMNヤリス』、モリゾウ試走から直行...東京オートサロン2022

  • レスポンス
  • 更新日:2022/01/18
No image

GRMNヤリス“Circuit package”

もっと画像を見る

東京オートサロン2022のトヨタGAZOOレーシングブースでは、トヨタ『GRヤリス』をフルチューンした500台限定販売モデル、『GRMNヤリス』を展示。

まさに「プチ・ハイエース」!ダイハツ アトレー プレミアムVer....東京オートサロン2022[詳細画像]

GRMNヤリスは、2022年夏頃より全国のGR Garageにて発売が予定されており、先行予約は1月14日から専用ウェブページにて受け付けている。価格は「GRMNヤリスベースグレード」が731万7000円[税込み、以下同じ]、「GRMNヤリス“Circuit package”」が846万7000円、「GRMNヤリス“Rally package”」が837万8764円。

GRMNヤリスは、「モータースポーツの現場で“スピーディに、かつ人に合わせて進化するクルマ”を、お客様にもお届けしたい」というモリゾウこと社長の豊田章男氏の思いから始まっている。ボディ剛性強化や約20kgの軽量化、車高を10mm低くし低重心化を図り、全幅は10mm拡大しながらも空力改善を実現したほか、性能を向上させた機械式LSDやクロスギアレシオトランスミッションとローファイナルギヤのセットを採用している。

展示されていたGRMNヤリス“Circuit package”は、限定50台の特別な外板色『マットスティール』モデル。ただし、別途オプション価格として35万2000円が必要となる。GRMNヤリス“Rally package”は走り追えた後のように泥汚れがついたままの展示となっていたので、担当者に確認をとったところ、テストに何回か使い、最後はモリゾウ氏がテストしたあと、そのままの状態で展示されているとのこと。

2台のマシンについて、もう少し詳しいスペックをうかがったところ、「足周りについては、フルチューンと言っているが、サーキットに特化した形で作り上げている。運動性能に関しても、機械式のLSDを搭載し、四駆のシステムはサーキット用に特別にチューニングをしているのが“Circuit package”だ。“Rally package”については、ベースモデルをお客様がカスタマイズしてレースに出るとしたら、こんな形になるのではないかとイメージしたものを展示している。特別なパーツとして、サスペンションやカーボンパーツなどを発売しているので、それらをお客様が自由に取り付けてラリーチャレンジに出るというパッケージを考えている。たとえば展示車両のリアのウイングは、ベースグレードには付いていないので、ディーラーオプションでの販売を考えている」といった話が聞けた。

世界初!?「ジムニー 5ドア」スズキより先に発表しちゃいました...東京オートサロン2022

【トヨタ ノア/ヴォクシー 新型】もはや走る忍者屋敷?“からくり”の知恵の数々に「手を尽くした」

風呂付き、4LD“軽”!ダイハツ アトレー デッキバン キャンパーVer....東京オートサロン2022[詳細画像]

関口敬文

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加