うまみの相乗効果で箸が止まらない...旬のきのこ×とり肉の絶品おかず5選

うまみの相乗効果で箸が止まらない...旬のきのこ×とり肉の絶品おかず5選

  • レタスクラブ
  • 更新日:2021/10/14
No image

「とり肉とまいたけの甘酢あんがらめ」 / 調理:市瀬悦子 撮影:福尾美雪

【画像を見る】ダイエット中にもおすすめ! 2種のきのこでうまみ倍増「とりむね肉のしっとり焼き 中華きのこソース」

とり肉のおかずで迷ったら、旬のきのこと合わせてうまみ満点の一皿を作ってみては? きのこは今や一年中安定して手に入るようになりましたが、やっぱり味覚の秋に食べたくなる食材の1つ。焼く、煮る、炒める…いろいろな調理法で楽しんでみてください♪

とり肉とまいたけの甘酢あんがらめ

【材料・2人分】

とりもも肉…大1枚(約300g)、まいたけ…大1パック(約150g)、白いりごま…小さじ2、甘酢だれ(しょうゆ・酢…各大さじ2、砂糖…大さじ1と1/2、片栗粉…小さじ1、水…大さじ6)、塩、酒、片栗粉、サラダ油

【作り方】

1.まいたけは大きめにほぐす。とり肉は大きめの一口大に切り、塩小さじ1/4、酒大さじ1をもみ込み、片栗粉を薄くまぶす。

2.フライパンに油大さじ3を中火で熱し、とり肉を入れて時々上下を返しながら約5分揚げ焼きにする。まいたけを加え、さらに約2分揚げ焼きにして取り出す。

3.フライパンの余分な油を拭き、甘酢だれの材料を混ぜて入れる。弱火で煮立たせ、2を戻し入れて照りよくからめ、白ごまを加えてさっと混ぜる。

(1人分598kcal、塩分3.7g、調理/市瀬悦子、栄養計算/スタジオ食)

少ない食材でさっと作れる一皿は忙しい日の味方! しっかり味の甘酢あんは、ご飯が何杯でも食べられそうです。

旬のきのこ×とり肉の絶品おかずは他にもいろいろ。まだあるおすすめのアイデア4つをご紹介します。

とりむね肉のしっとり焼き 中華きのこソース

小麦粉をまぶして蒸し焼きにしたとり肉に、炒めてうまみを引き出したしめじとエリンギのソースをかけて。きのこは2種以上使うと、うまみが倍増しますよ。

No image

【画像を見る】2種のきのこのうまみが広がる「とりむね肉のしっとり焼き 中華きのこソース」 / 調理:井上かなえ 撮影:千葉充

キムチーズタッカルビ

とりもも肉にキムチをもみこんで焼くから、肉がしっとり! エリンギは味をしみこみやすくするため、かさの部分を持って手で四つに裂きます。

No image

「キムチーズタッカルビ」 / 調理:ほりえさちこ 撮影:豊田朋子

とりとブロッコリーのマヨ炒め

油ではなくマヨネーズで炒めます。火の通りにくいブロッコリーはあらかじめ蒸し焼きに。仕上げにしょうゆを加えてコクをだして。

No image

「とりとブロッコリーのマヨ炒め」 / 調理:小林まさみ 撮影:白根正治

とり肉としめじのマスタード煮

にんにくの香りと粒マスタードの酸味が食欲をそそる洋風の一皿。隠し味にしょうゆを加えるので、ご飯合わせても◎。

No image

「とり肉としめじのマスタード煮」 / 調理:新谷友里江 撮影:邑口京一郎

きのこを調理する際は、水洗いしないのが鉄則。加熱しすぎるとせっかくの香りが飛んでしまうので注意しましょう。すぐに使わない場合は、石づきを切り落として食べやすい大きさにし、保存袋に入れて密封すれば、冷凍保存も可能です。

文=齋藤久美子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加