C大阪 布陣変更で修正力発揮も4戦未勝利 ロティーナ監督「前半はワースト」

C大阪 布陣変更で修正力発揮も4戦未勝利 ロティーナ監督「前半はワースト」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/21
No image

広島に敗れ肩を落とす高木(13)らC大阪イレブン

「明治安田生命J1、C大阪0-1広島」(21日、ヤンマースタジアム長居)

C大阪は10人となった広島の守備を崩せず、2連敗で4戦未勝利(1分け3敗)となり、暫定6位に後退した。

「C大阪に来てからワーストの前半45分間だった」とロティーナ監督(63)が振り返ったように、前半24分に先制を許し、9本のシュートを浴びるなど広島に圧倒された。

ロティーナ監督は後半開始からDF丸橋とMF西川を投入し、布陣を4-4-2から広島と同じ3-4-2-1に変更し、ミラーゲームを挑んだ。後半17分に広島FWレアンドロ・ペレイラが2枚目のイエローカードで退場すると戦況は一変。ゴール前を固める広島に対してC大阪は攻勢を仕掛けたが、後半29分のMF坂元の左足シュートがクロスバーを直撃するなど好機を生かせなかった。

「1点取れれば勝つチャンスは高まったが、その最初の1点が入らなかった。足りなかったのはゴール」と悔やんだ指揮官だが、劣勢の前半から布陣変更による高い修正力も発揮した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加