「負担が少ない形で円滑なワクチン接種を」医療従事者に向け岡山県が説明会【岡山】

「負担が少ない形で円滑なワクチン接種を」医療従事者に向け岡山県が説明会【岡山】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2021/02/23
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

3月から始まる医療従事者を対象としたワクチンの優先接種に向け、岡山県は2月22日夜、医療機関への説明会を開き、接種までの流れや注意点を説明しました。

説明会にはワクチンを接種する予定の県内約160の医療機関が参加しました。会では、ワクチンの申請から受け取り、接種までの一連の流れが示されたほか、注意事項として発熱や重篤な急性疾患が見られる人には接種を避けることなどが説明されました。

参加者からは届く予定の器材の種類や、連絡体制などについての質問が出されていました。

(医療関係者は…)

「きょう大変な内容を聞いて全部の理解はなかなか難しい。我々も全力をあげてミスのない無駄のない運用をしていきたい。」

(岡山県保健福祉部保健福祉課ワクチン対策室 塩飽成史室長)

「安全な形で医療従事者の負担が少しでも少ない形で円滑なワクチン接種ができる体制作りができれば。」

医療従事者の優先接種は3月から始まり、約8万人が接種する予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加