出場35分間で今季のプレミア記録を更新...チェルシーデビューのFWムドリクが“最速”に

出場35分間で今季のプレミア記録を更新...チェルシーデビューのFWムドリクが“最速”に

  • ゲキサカ
  • 更新日:2023/01/25

チェルシーデビューを飾ったばかりのウクライナ代表FWミハイロ・ムドリクが、今季のプレミア最速記録をいきなり塗り替えた。英紙『ミラー』が伝えている。

16日にシャフタールからチェルシーへの移籍が発表されたムドリク。移籍金は総額8900万ポンド(約139億円)と伝えられており、31年までの8年半という長期契約が結ばれた。クラブから大きな期待を寄せられる22歳は、加入発表から5日後のプレミアリーグ第21節リバプール戦でデビューを飾ることとなった。

ベンチスタートとなったムドリクに出番が訪れたのは後半10分。得点に絡むことはできなかったものの、何度も鮮やかなプレーを見せてゴールへと迫った。

わずか35分間の出場となったが、この試合で時速36.63kmを記録。データサイト『Opta』によると、この数字は今季のプレミアリーグで最速となったようだ。

なお、2位はエバートンのMFアンソニー・ゴードン(36.61km)、3位はリバプールのFWダルウィン・ヌニェス(36.53km)、4位はマンチェスター・CのFWアーリング・ホーランド(36.22km)、5位はチェルシーのMFデニス・ザカリア(36.09km)となっている。

チームを率いるグラハム・ポッター監督はムドリクについて、「彼はまだ2、3日しか経っていないが、本当に良かったよ。我々と一緒にいればいるほど、そしてお互いが理解するほど、良くなっていくだろう」と語っている。
●プレミアリーグ2022-23特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加