元巨人・清原和博氏、「その日を精一杯生きるだけ」薬物回復アピールの次に目指すもの

元巨人・清原和博氏、「その日を精一杯生きるだけ」薬物回復アピールの次に目指すもの

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2020/08/02
No image

元プロ野球・巨人の清原和博氏が28日に放送された『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)に出演した。

今年6月に覚せい剤取締法違反での執行猶予が満了したばかりで、先日もとんねるず・石橋貴明のトーク番組やYouTubeチャンネルに出演したばかり。より多くのゴールデンタイムに放送される番組への出演は今回が初めてとなった。

清原氏は著書をもとに薬物との壮絶な闘いを完全再現。番組のラストでは「その日を精一杯生きることだけ」と話した。今後は高校野球の指導に携わることなどを目標に掲げたが、球界関係者は「やはり“本音”が出ましたね」と苦笑いする。

「彼自身が野球界でしか生きていけないのを一番よく知ってますから。野球をする自身の息子がいるとはいえ、やはり最後は野球から離れられないのだなと思いましたよ。ただ、それをバラエティー番組でアピールされても……」(同)

薬物に手を出してその後、球界に舞い戻るには「かなりハードルは高い。解説者や評論家はできるかもしれないが、薬物と最も縁遠いアマチュア野球の指導者をやるのは、もっとハードルが高いですよ。もし、本当に目指すならもう少し大人しくしていた方がいいのでは」と忠告する。

はやる気持ちを抑えて今後の活動ができるかが大きな分かれ目となりそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加