ゆうちゃみ〝恋バナもらい事故〟に後輩モデルの関係者が感謝「いい経験になった」

ゆうちゃみ〝恋バナもらい事故〟に後輩モデルの関係者が感謝「いい経験になった」

  • 東スポWEB
  • 更新日:2022/11/25
No image

左から古田愛理、ゆうちゃみ、福山絢水

Z世代(15~26歳)のインフルエンサー、福山絢水(あやみ)と古田愛理(共に20歳)が都内で25日、佐賀県唐津市の自然の魅力を伝えるプロモーション「カラフルカラツ」のPRイベントにゲスト参加した。

2人は10代女子向けファッション誌「Popteen」のモデル仲間で、古田は今夏、同誌を卒業したばかり。この日の主役は先輩モデル・ゆうちゃみ(21)で、イベント後の囲み取材もゆうちゃみの独壇場だった。つい最近、K―1選手・玖村(くむら)将史(23)との交際を公表したからだ。

ゆうちゃみはノロケまくりでテンション高め。テレビリポーターから「唐津に行くなら誰と?」と聞かれ「上京してるので離れてる家族と…」と答える古田に、すかさず「好きピ(好きな人)じゃないんですか?」と突っ込む。「ね~巻き込まないで~。やめて~」と笑って制する古田。同じ質問に「地元の友達とかと…」と答えた福山にも、ゆうちゃみは同じツッコミを入れ、福山は「好きピと行けたらいいんですけどね。楽しそうですね…」と返した。

するとリポーターは、福山と古田の顔が紅潮していると指摘。「いえいえ」と福山は苦笑し、ゆうちゃみは「怪しいなぁ」と2人をイジった。

福山はもうすぐ車の免許を取得できるそうで、「オープンカーで唐津の景色を見ながら運転したいな」と夢も明かした。すると「ドライブですけれども、やっぱり誰かと一緒に行きたいなと思うんですけども、推しの人なんていないでしょうか?」という質問が飛んだ。

「はい!? 推しの!? 隣(助手席)にですか?」と返答に詰まる福山に、「好きピ? 彼ピ(彼氏)?」と助け船を出したのも、ゆうちゃみだった。質問の意図を理解した福山は「いやぁ、いないですけども、そうですねぇ…誰だろう? 推し? そうですね。まずはちょっとお母さんに乗ってもらいたいですね」とコメント。

初々しい答えは古田も同じ。イベント中、話題にしたクリスマスイルミネーションについてどこで見たいかを聞かれ、「ここ恵比寿近いので、恵比寿のなんか有名な…なんでしたっけ? 恵比寿ガーデン(プレイス)? あ、ここの? あ、ここだ! ここのクリスマスイルミネーションに行ったことないので、行ってみたいなって思います」という天然発言で笑わせた。

間髪入れずリポーターが「どなたと行きたいですか?」と振ると古田は「ねぇ完全にもらい事故なんだけど~」と苦笑しつつ「そうですねぇ。まあ、いつか好きピと行けたらなと思います」と答え、ゆうちゃみも「いい!」と満足げ。福山と古田の関係者は「本当に2人は男っ気がないので、今日は逆にいい経験になった」とゆうちゃみに感謝していた。

東スポWEB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加