金村氏が3回阪神・木浪の犠飛を「価値がある」と評価した理由

金村氏が3回阪神・木浪の犠飛を「価値がある」と評価した理由

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/04/06
No image

阪神・木浪

○ 阪神 6 - 2 巨人 ●
<1回戦・甲子園>

MBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神-巨人戦』で解説を務めた金村義明氏は、3回の阪神・木浪聖也の犠飛について言及した。

第1打席にセンターへ犠飛を放った木浪は、5-0の3回一死一、三塁の第2打席、巨人の2番手・左の大江竜聖が投じたアウトコースのストレートを逆らわずにレフトへ2打席連続犠飛を放った。

金村氏は「今のバッティングは価値がありますね」と評価。「見逃し三振に仕留められた佐藤は、初球から踏み込んで打ちにいったでしょう。今の(木浪)は引きつけて、反対方向へというものすごく意識が出ていましたよね」と分析していた。

(提供=MBSベースボールパーク)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加