「教室シェア」に意見を  川崎市教育委員会、施設開放に向け〈川崎市多摩区〉

「教室シェア」に意見を 川崎市教育委員会、施設開放に向け〈川崎市多摩区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/08/06

川崎市教育委員会は8月15日まで、学校の特別教室等の利活用に向けた意見を募集している。個人と市民団体向けのアンケートでアイデアを募り、新たな利用方法の掘り起こしを目指す。

地域のスポーツ団体を中心に頻繁に使用される体育館や校庭に比べ、利用頻度が低い図書室や音楽室などの特別教室。市は有効活用を推進しようと、2019年度に「教室シェアリングプロジェクト」を開始した。これまでに、新城小(中原区)と小杉小(同)の特別教室で講義やワークショップを開催。中野島小ではインターネットの利用予約システムを先行導入し、登録団体の協力で利便性を検証した。

市によると、「鍵の管理で地域に負担がかかる」「いつ予約が空いているか、紙ベースだと現地で確認する必要がある」などの課題が洗い出されたという。アイデア出しの機会となる今回のアンケートについて、市担当者は「広く個人にも使ってもらうため情報収集できれば。生の声を聞かせてほしい」と意欲を語る。結果を踏まえ、年内に施設開放イベントを行う考えだ。

団体向けアンケートは市民館や市立図書館などに配架しているチラシに回答を記入し、窓口等にある回収箱へ投函。個人向けはチラシ掲載の二次元コードまたは市サイトフォームから回答を記入し送信する。回答者には抽選でプレゼントも。東芝野球部ブレイブアレウス選手サイン入りボールやXリーグ招待チケット、かわさきかるたなどが当たる。(問)市教委【電話】044・200・3565

No image

中野島小の特別活動室

No image

回答ページの二次元コード

タウンニュース多摩区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加