【MLB】ジャッジ61号の“歴史的瞬間”はアップル独占放送? 機械音痴のファンには苦行...

【MLB】ジャッジ61号の“歴史的瞬間”はアップル独占放送? 機械音痴のファンには苦行...

  • フルカウント
  • 更新日:2022/09/23
No image

ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:Getty Images】

24日のレッドソックス戦は今季開始の「Apple TV+」独占中継

ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手は現在60本塁打を放ち、1961年にロジャー・マリスが記録した球団記録、ア・リーグ記録となる61本を目前にしている。ただ記録のかかる23日(日本時間24日)のレッドソックス戦は、アップルが提供する動画配信サービス「Apple TV+」だけでしか視聴できない可能性が高い。ヤンキースは傘下の放送局「YES」でも放送できるよう交渉中だという。

米メディア「ヤフースポーツ」が報じている。MLBは今年に入って、収益を上げるために試合を「Apple TV+」をはじめとする複数のデジタル媒体で放送する方針を立てた。ジャッジの記録で注目が集まるこの試合も、独占中継の試合に当たってしまった。

現在無料の中継とはいえ、記事は「毎月高額な視聴料を払っているヤンキースファンにとっては、ジャッジのホームラン記録を観るためだけに、さらなる労力をかけないといけないのにいら立つのは間違いない」「状況が変わらなければ、機械に慣れていないファンがMLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏を批判することは必至」とファンの批判が今後高まる可能性を指摘している。

記事は「ニューヨーク・ポスト」紙のアンドリュー・マーチャンド氏の報道を引用し、ヤンキースは球団が保有している「YES Network Friday」でも試合を放送できるようにMLBと「Apple TV+」に交渉中だと伝えている。ただ今のところ両者は交渉を拒否している模様だ。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加