桐生祥秀 アジア大会へ意気込み「100メートルはメダル、リレーで金メダルを」

桐生祥秀 アジア大会へ意気込み「100メートルはメダル、リレーで金メダルを」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2023/09/20
No image

アジア大会結団式後にオンライン取材に応じた桐生

アジア大会に臨む陸上の結団式がオンライン形式で行われ、東京五輪男子代表の桐生祥秀(日本生命)は「100メートルはメダルに食い込みたい。(400メートル)リレーは前回金だったので、金メダルを目指したい」と意気込んだ。

5月に肉離れした左ハムストリングは約1カ月半で完治。実戦復帰済みで、出発までの1週間はスピードを上げる練習に注力していく。「日に日に練習を積み重ねて上がってきている。自信を持っていきたい」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加