こじるり、ついにボディビルダーと対面 炎上発言反省も「自分がやろうとは思わない」

こじるり、ついにボディビルダーと対面 炎上発言反省も「自分がやろうとは思わない」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/16
No image

小島瑠璃子

タレントの小島瑠璃子が15日深夜に日本テレビ系で放送された「『任意同行』願えますか?」で、筋トレ男子への炎上発言について「反省している」としながらも、根本的な考えは今も「変わってない」と語った。

小島は4月に行ったインスタライブで筋トレ男子に対しての発言で炎上。MCの劇団ひとりから「仰ってましたね、ボディビルダーは使えない筋肉ばかり鍛えやがって、気持ち悪い、理解できないみたいなこと…」といたずらっぽく突っ込まれると、「私の言い方も悪くて、世界で一番意味が分からないって。悪かったなって」と反省しきり。

そして改めて「私が言いたかったのは、同じ努力をするなら、その先に格闘技とか護身術とか、技術を獲得できる鍛え方の方がいいんじゃないかと。筋肉鍛えた先に何かあった方がいいんじゃないかって、今でも思っている」と根本の考えは変わってないとコメント。

これに劇団ひとりは「未だにジムで美しい体を手に入れる男の人は理解できないってことですね?」と聞かれ「そうなんです」とも語った。

そこへ、ボディビルダーの野獣氏が登場。小島の当時の発言はボディビルダー業界をざわつかせたといい「僕らの神髄を分かってない」「ハートを鍛える」「神髄はハート。己を超える」と相手ではなく自分に打ち勝つのが魅力だと訴え、小島も「そういう競技ってことですね。メリットデメリットを持ち込む競技じゃないって事ですね」と理解。

その後、トレーニングの一部を実践するも「自分がやろうとは思わない。でもやってる人はめっちゃ理解できた」とも語っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加