広島・森下が3回無失点 今季初実戦で昨季セ新人王の貫禄

広島・森下が3回無失点 今季初実戦で昨季セ新人王の貫禄

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/02/21

(練習試合、阪神-広島、21日、沖縄・宜野座)広島・森下暢仁投手(23)が今季初実戦登板し、3回3安打無失点で順調な仕上がりをアピールした。

最速152キロを計測した直球とカットボール中心の配球で虎打線をねじ伏せた。一回2死では注目の阪神D1位・佐藤輝(近大)に右中間二塁打を浴びたが、ゴリラパンチで売り出し中の4番・陽川をカーブで空振り三振を奪った。

二回1死二塁、三回2死二、三塁と一回から3イニング連続で得点圏に走者を背負ったが、本塁を踏ませなかった。予定の3イニングをわずか37球を終えて降板。昨季チームトップの10勝を挙げセ新人王に輝いた右腕は2年目のシーズンへ好発進した。

No image

広島先発の森下暢仁=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・門井聡)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加