信長光秀に究極命令「麒麟がくる」総集編あらすじ4

信長光秀に究極命令「麒麟がくる」総集編あらすじ4

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/22
No image

大河ドラマ「麒麟がくる」(C)NHK

最終回視聴率18・4%、全44話平均14・4%で放送を終えたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の総集編4章が、23日午後に一挙放送される。語りは、帰蝶役の女優川口春奈が担当。光秀(長谷川博己)と信長(染谷将太)の出会いから「本能寺の変」に至るまで、帰蝶の目線で振り返る。

第4章「本能寺編」(23日午後4時20分~同5時35分)のあらすじは以下の通り。

武士として最も高い官位を得た信長の横暴さは日ごとに増し、帝や朝廷、身内までもないがしろにする態度をとるようになっていた。

大坂本願寺や丹波など、先の見えない戦も依然として続き、疲弊する光秀。ついに家臣・松永久秀が信長に反旗を翻し、壮絶な最期を遂げる。正親町帝に謁見を果たした光秀は、「信長が誤った道に進まぬよう見届けよ」と命を受ける。

重臣・荒木村重までもが反乱を起こし、終わらない戦のすべての原因が将軍の不在にあると悟った光秀は、追放された義昭に会いに行く。一緒に京に帰ろうと促す光秀に、義昭は「そなた一人の京ならば考える」と告げる。宿敵・武田氏を打ち滅ぼした祝いの席で、光秀は信長に激しく叱責(しっせき)を受ける。屈辱に打ち震える光秀に、信長はある究極の命令を下すのだった。

▲総集編(総合、23日)の放送予定

第1章「美濃編」午後1時5分~同2時

第2章「上洛編」午後2時~同3時

第3章「新幕府編」午後3時5分~同4時20分

第4章「本能寺編」午後4時20分~同5時35分

※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加