AMD、次期グラボ「Radeon RX 6000」をFortnite内で公開 - さっそく見てきた

AMD、次期グラボ「Radeon RX 6000」をFortnite内で公開 - さっそく見てきた

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/09/15
No image

AMDは9月15日、Twitter公式アカウント@Radeonで、次期GPU「Radeon RX 6000」シリーズを搭載したグラフィックスカードを公開した。投稿されたツイートには、Fortnite上のコンテンツ「クリエイティブアイランド」で用いる12桁のアドレス「8651-9841-1639」が記されている。

AMD、次期CPU「Zen 3」と次期GPU「RDNA 2」を10月発表へ

Radeon RX 6000シリーズは、AMDの次世代グラフィックスアーキテクチャ「RDNA 2」を採用するGPU。Twitterに投稿されたグラフィックスカードの画像からは、リファレンスクーラーに3連ファンを採用することや、補助電源が8pin×2であることがわかる。

また、ツイートに記載されているFortnite「クリエイティブアイランド」のアドレスで製品の3Dモデルを確認したところ、映像端子にはHDMI×1、DisplayPort×2、USB Type-Cが搭載されているようだ。端子の上部にプラスとマイナスのシンボルが入っており、マイナスのDisplayPortは入力端子として動作するのかもしれない。

○FortniteでRadeon RX 6000を見てきた

というわけで、FortniteにログインしてRX 6000を細かくチェックしてみた。クリエイティブアイランドのロビーには既にさまざまな世界へのゲートがすでに開いており、ゲートの前のコンソールからアドレスを入力することで、自由に目的地を設定できる。

アドレスを入力してポータルをくぐると、そこは大海の上空に巨大なグラフィックスカードが浮かぶ異様な空間となっていた。陽光を受けてファンのブレードが輝いている。

3Dモデルは虚空に浮遊しているので、360度から新型グラフィックスカードを眺めることができ、Twitterに投稿された画像からはわからなかった部分を確認できる。気になる映像端子には、HDMI×1、DisplayPort×2、USB Type-Cを搭載。端子の上にプラスとマイナスのシンボルがあり、単なる出力端子とは限らないかもしれない。他には、ボード下部に謎の電源端子が2つあるのを発見。ファンの電源と合わせて、RGBイルミネーションに使うものかもしれない。

なお、Radeon RX 6000シリーズに採用されるアーキテクチャ「RDNA 2」の正式発表は10月28日が予定されている。

原修一郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加