北海道産の生筋子100g700円台...高い?安い?秋サケ豊漁で去年より“お得”【札幌】

北海道産の生筋子100g700円台...高い?安い?秋サケ豊漁で去年より“お得”【札幌】

  • SASARU
  • 更新日:2022/11/25
No image

お祝いの席を華やかにする“いくら”に、食卓やお弁当に欠かせない“秋鮭”。

2021年は赤潮などの影響で高値となっていましたが、2022年の今年は値段が安くなっているんです!

一体どのくらいに値段が下がっているのか、詳しい事情を調査しました~。

豊漁が続く秋鮭漁!1,000円台以上だった生筋子が「700円~800円台」に

No image

食品の値上げが続くなか、北海道を代表的するいくらと秋鮭が手に入りやすくなっています。その理由は豊漁。

赤潮の影響を受けた2021年の秋鮭水揚げ量は1,600万匹あまりでしたが、2022年は2倍近くの約2,900万匹に。

川に遡上したものを含めると、7年ぶりに3,000万匹の大台に乗りました。

No image

例年だと11月には水揚げのピークが過ぎますが、2022年はまだ豊漁が続いています。そのため北海道東部・標津町の水産加工会社は、いくらの生産でフル稼働中です。

この豊漁の恩恵は、生産者だけでなく消費者にも。

札幌市東区のスーパー『マルコストアー東苗穂店』に訪れてみると、昨年は100gあたり1,000円台以上だった生筋子が、今年は700円~800円台で販売されていました。

No image

生筋子を買ったお客さんからは「2021年は、いくらを一切食べなかった。久しぶりに食べたい」や「ずっと高かったからこれは安い」など喜びの声が続々。

マルコストアーの滝澤 貴勝さんによると「2022年の出始めは2021年と同じような値段だったが、ここにきて値段が下がって買いやすくなった。

仕入れを担当して5年目だが、11月に鮭が豊漁なのは初めて。もう少し続くのではないか」とのこと。

お得な価格はまだ続きそう…今年の正月は「いくら」で豪華に

No image

さまざまな食品の値上げが続いていますが、マルコストアーでは豊漁が続く限りこの値段で販売したいそう。

年末にかけていくらのしょうゆ漬けを食べることが多いので、今この機会に買っておくのがチャンスですね。

豊漁が続く秋サケ漁。「去年は高くて手が出せなかった…」という人も、今年の年末年始は贅沢にいくらを味わってみるといいかも?

*みんテレ11月17日OAのものです
(上記の情報は記事作成時点でのものです。
最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加