桂川有人1打差2位「1打1打、自分のプレーをしていくしかないですね」我慢の優勝争い

桂川有人1打差2位「1打1打、自分のプレーをしていくしかないですね」我慢の優勝争い

  • 日刊スポーツ(スポーツ)
  • 更新日:2022/09/23
No image

9番、通算10アンダー、笑顔でホールアウトする桂川(撮影・前岡正明)

<国内男子ツアー:パナソニック・オープン>◇第2日◇23日◇兵庫・小野東洋GC(7113ヤード、パー72)◇賞金総額1億円(優勝2000万円)

賞金ランク3位の桂川有人(23=国際スポーツ振興協会)が通算10アンダー、首位と1打差2位で折り返した。首位から1歩後退したものの、5バーディー、2ボギーの69とスコアは「3」伸ばした。

首位発進した前日にこぼした、ショットのミスを怖がる気持ち悪さは解消されていない。「まだ“これだ!”というのがない。それが出てきたら、もっと攻めていける。今はまだ“保険”をかけて、広い方に向いていく場面が多い。悪いことじゃないんですが…」。しかし、手探り状態でも上位にいるのはプラス材料だ。「1打1打、自分のプレーをしていくしかないですね」。我慢しながらの優勝争いになる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加