神田沙也加はおやじっぽい? “13年ぶり共演”大地真央の暴露に赤面「前向きに捉えたい」

神田沙也加はおやじっぽい? “13年ぶり共演”大地真央の暴露に赤面「前向きに捉えたい」

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2021/01/13
No image

舞台『ローズのジレンマ』製作会見に出席した(左から)別所哲也、大地真央、神田沙也加、村井良大

女優の大地真央、神田沙也加が12日、都内で行われた舞台『ローズのジレンマ』製作会見に出席。同作で13年ぶりに共演を果たす2人だが、大地が神田の意外な一面について「おやじっぽいところがあって。(演出の指示などが出された時に)『はい! わっかりましたー』みたいな感じで、ところどころ見え隠れしていて(笑)、13年経ったなと感じました」と茶目っ気たっぷりに明かした。

【集合ショット】大地真央、神田沙也加ら豪華キャスト陣が登場

当の神田は顔を赤らめながらも「それがもし年輪ということであれば、ありがたく受け止めたいというか、肝が座ったというように前向きに捉えて進んでいきたいです」とにっこり。大地が「すごく成長したなという感じはしています。言葉であんまり表現できないんですけど、取り組み方とか…」と賛辞を送ると、神田は「(13年前は)私も二十歳とかそれくらいで、せりふの一言目を発するのも怖かったんですよね。萎縮していた面もあったと思うんですけど、この間いろいろなことをさせていただいた経験に恥じないためにも、後ずさってはいけないという思いになりました」と声を弾ませていた。

同作は、経済的危機に瀕している大物女流作家ローズが、最愛のパートナーだった作家ウォルシュの亡霊に提案され、助手アーリーンや売れない作家クランシーと共に彼の未完の遺作を仕上げる中で、残された人生と向かい合っていく様子を、ユーモラスに描く。

製作会見にはそのほか、村井良大、別所哲也、翻訳・演出を手がける小山ゆうな氏も出席。同作は、2月6日から25日まで、東京・日比谷のシアタークリエで上演される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加