千鳥・ノブが退院「ちょっとゆっくりします!大悟しばらく頼んだ!」 2日から早期の右椎骨動脈解離で入院

千鳥・ノブが退院「ちょっとゆっくりします!大悟しばらく頼んだ!」 2日から早期の右椎骨動脈解離で入院

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/07

早期の「右椎骨(ついこつ)動脈解離」で入院していたお笑いコンビ「千鳥」のノブ(42)が6日、自身のツイッターで、退院したことを報告した。

No image

「千鳥」ノブ

この日、ノブは「退院しました!」と報告。「心配して下さった方、先輩後輩仕事関係の方、迷惑かけてすいません!」と周囲に謝罪しつつ「励ましもありがとうございました!病院の方々も最高の治療ありがとうございました!」と感謝。「これからちょっとゆっくりします!大悟しばらく頼んだ!!」とつづった。

吉本興業は3日、ノブが「右椎骨(ついこつ)動脈解離」で2日に入院したと発表。検査結果次第では数日後に退院できる見込みとしていた。

発表によると、先月27日に首の痛みを感じ、その後も痛みが引かないため、2日に病院を受診。右椎骨動脈解離と診断され、そのまま入院した。同社は「ご心配とご迷惑をおかけいたしますが、ノブの体調回復を最優先とすることへのご理解と、千鳥へのご支援を引き続き賜りますよう、なにとぞよろしくお願い申し上げます」と呼びかけていた。

ノブは2013年にも「未破裂左椎骨動脈解離」を発症。早期発見だったため投薬治療で回復した。この時も数週間仕事を休んでいる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加