DeNA・石川達也が支配下登録会見「両親2人とも泣いていて、グッとくるものがあった」

DeNA・石川達也が支配下登録会見「両親2人とも泣いていて、グッとくるものがあった」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/06/23
No image

支配下登録会見を行ったDeNA・石川達也投手

DeNAは23日、21日に支配下選手契約を結んだことを発表した石川達也投手(24)の会見を行った。

「一番はすごくほっとしている。うれしい気持ちでいっぱいです」と心境を明かした左腕。吉報は両親に最初に報告したことを明かし「両親2人とも泣いていましたし、それを見てグッとくるものがあった。もっと頑張らないといけないなと思った」と決意を新たにした。

横浜高から法大を経て昨季、育成ドラフト1位で入団した。今季はイースタン・リーグで14試合に登板し、1勝0敗2セーブ。21回⅓で1失点のみと好投を続けており「オフに(田中)健二朗さんに自主トレに誘っていただき、いろいろなアドバイスをいただいた。今年はキャンプから真っすぐの質を上げたいと練習してきて、それがファームでの成績につながっている」と語った。

横浜出身のハマっ子は「(ハマスタで)6年ぶりにオープン戦で投げて、まずグラウンドに入ったときに、やっぱりいい球場だなと思った。野球を始めてから神奈川を離れたことがないので、思い出のある地でもっと頑張りたい」と誓った。

背番号「95」となり、1軍での登板チャンスを得て「前半戦で支配下に上がれたので、(1軍に)いつ呼ばれるかわからないですけど、呼ばれたときは自分の出せるものを全部出して、チームに貢献できれば。どこのポジションをやりたいとかいえる立場ではないので、まずは1軍で結果を出して、そこからいろんなポジションを任せられる投手になっていきたい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加