マクドナルドが中国初の「ゼロカーボンレストラン」をオープン―北京市

マクドナルドが中国初の「ゼロカーボンレストラン」をオープン―北京市

  • Record China
  • 更新日:2022/09/23
No image

マクドナルドが中国初の「ゼロカーボンレストラン」をオープン―北京市

マクドナルド中国は20日、北京マクドナルト首鋼園ドライブスルー店の正式オープンを発表した。これは中国初の「ゼロカーボンレストラン」でもある。環球網が伝えた。

この店舗は国際的なグリーンビルディング認証システム(LEED)のゼロエミッション及びゼロエネルギー標準に基づき設計・建設されている。敷地内に2000平方メートルを超える太陽光発電システムを設置しており、年間発電量は約33万kWhに上る。店舗の日常的な営業による電力の需要を満たし、二酸化炭素排出量を毎年約200トン削減する。

また、クドナルド「グリーンレストラン」フルセット省エネ・排出削減システムは、IoT(モノのインターネット)エネルギー消費管理システム、インバータ排煙システム、空調システム、換気設備、LED照明などの省エネを通じて、店舗の年平均電力消費量をファーストフード店の平均値から35~40%ほど削減している。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

No image
No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加