石黒正数原作、アニメ『天国大魔境』ティザーPV公開&メインスタッフ情報公開 監督に森大貴

石黒正数原作、アニメ『天国大魔境』ティザーPV公開&メインスタッフ情報公開 監督に森大貴

  • クランクイン!
  • 更新日:2022/11/25
No image

テレビアニメ『天国大魔境』ティザーPV場面写真 <画像をもっとみる>

2023年放送予定のテレビアニメ『天国大魔境』より、本編映像初公開となるティザーPVが解禁となった。また、メインスタッフとして、監督は森大貴、シリーズ構成は深見真、キャラクターデザインはうつした(南方研究所)、音楽は牛尾憲輔が担当することも発表された。

【動画】崩壊した日本が描かれる『天国大魔境』ティザーPV

原作は石黒正数が手掛ける、「アフタヌーン」(講談社)にて連載中の近未来SFアドベンチャー漫画。2018年の連載開始直後から話題を集め、同年12月に異例の速さで「このマンガがすごい!2019」オトコ編第1位にランクイン。現在は第8巻まで刊行されている。2023年にテレビアニメ放送されることが決定。アニメーション制作は『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズ、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』など数々のSF作品を手掛けたProduction I.Gが担当する。

2024年、世界は崩壊した―。未曾有の大災害から15年。廃虚となった日本の地には“人食いヒルコ”と呼ばれる異形の化け物が巣食い、人々は細々と身を寄せ合って生きていた。東京・中野で便利屋を営むキルコは、とある女性から謎の依頼を受ける。「この子を“天国”に連れて行って―」。そう言い残し息を引き取った彼女に託された少年マル。彼は「“天国”には俺と同じ顔をしたやつがいるらしい」と言うが、それ以上のことは何も知らないという。果たして“天国”とはどこなのか? そこにたどり着いたとき、いったい何が起きるのか? マルとキルコの「天国探し」の旅が今、幕を開けるー。

ティザーPVには、未曾有の大災害により荒廃した2039年の日本、“魔境“の街並みが壮大にかつ精密にアニメーションとして描かれているほか、物語の鍵となる多数のシーンが印象的にちりばめられており、「天国探し」の旅を行うマル・キルコほか登場人物たちが躍動する映像となっている。

アニメ『天国大魔境』は2023年放送予定。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加