アルパカの赤ちゃん「おこげ」待ってるよ 神河・ヨーデルの森、間もなく「お外デビュー」

アルパカの赤ちゃん「おこげ」待ってるよ 神河・ヨーデルの森、間もなく「お外デビュー」

  • 神戸新聞NEXT
  • 更新日:2022/05/15

兵庫県神河町猪篠の観光施設「神崎農村公園ヨーデルの森」で、アルパカの赤ちゃんが生まれた。飼育舎のアルパカハウスで一般公開されており、間もなく舎外に出て「お外デビュー」する。

No image

母のソラから離れないアルパカの赤ちゃん「おこげ」(手前)=ヨーデルの森

4月17日に生まれたオスで、体や顔のこげ茶色から「おこげ」と名付けられた。同園では5頭目の赤ちゃんで、飼育するアルパカは計8頭となった。

父はサンタ(5歳)、母はソラ(11歳)。生まれてすぐの体重は6・5キロだったが、1カ月弱で倍近い12キロに。体長約80センチ、体高約1メートルと順調に成長し、飼育舎内を駆け回って愛くるしい姿を見せている。

飼育員によると、「姿は父に似ているが、ずっと母親から離れない甘えん坊」という。

平日は午前10時半~午後5時。土日祝日は午前9時半~午後5時。水曜休園。中学生以上千円、4歳以上500円。同園TEL0790・32・2911(吉本晃司)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加