農業農村部など6部門 「十四五」全国農業グリーン発展計画発表

農業農村部など6部門 「十四五」全国農業グリーン発展計画発表

  • 新華社通信
  • 更新日:2021/09/15
No image

農業農村部など6部門 「十四五」全国農業グリーン発展計画発表

中国寧夏回族自治区銀川市賀蘭県欣栄村の青果栽培園にある農業用ハウスで野菜苗の手入れをする農家の人。(8月29日に撮影、銀川=新華社記者/楊植森)

【新華社北京9月15日】中国農業農村部、国家発展改革委員会、科学技術部、自然資源部、生態環境部、国家林業・草原局はこのほど、「『十四五』全国農業グリーン発展計画」を共同で発表した。中国初の農業グリーン発展計画で、第14次5カ年規画(十四五、2021~25年)期間中の農業のグリーン発展について系統的配置と具体的手配を行った。

農業農村部によると、同部は近年、関係部門と共同で、グリーン発展を郷村振興戦略実施の重要なけん引役とし、業務措置を強化し、農業の発展モデルを転換し、農業のグリーン発展は顕著な進展をみせている。しかし全体的にみると、農業のグリーン発展はまだ初期段階にあり、取り組みを強化し、農業発展の全面的なグリーンモデル転換を推進する必要がある。

同計画は質の高い発展をテーマに、農業の供給サイド構造改革の深化を主軸に、グリーン・低炭素・循環型発展の農業産業体系の構築を重点にして、「十四五」期間の農業のグリーン発展について系統的配置を行った。25年までに、農業資源の利用水準を明らかに高め、産地の環境の質を明らかに改善し、農業生態系を明らかに改善し、グリーン産品の供給を明らかに増加し、排出削減・炭素固定能力を明らかに強化することを目指す。

また、グリーン発展のカギとなる分野と脆弱な部分に焦点を当て、農業資源の保護・利用の強化、農業面源汚染防除の強化、農業生態系の保護・修復の強化、グリーン低炭素に基づく農業産業チェーンづくりなどの重点任務を打ち出した。また、科学技術と制度による成長エネルギーの強化を打ち出した。一方で、グリーン技術革新体系を整えて、農業のグリーン発展の科学技術面の成長エネルギーを強め、他方で体制・仕組みを整えて、農業のグリーン発展の制度面の成長エネルギーを増強する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加