松本、上沼、巨人、塙ら「M-1」決勝審査員は4年連続同メンバー 司会は今田&上戸

松本、上沼、巨人、塙ら「M-1」決勝審査員は4年連続同メンバー 司会は今田&上戸

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/25
No image

松本人志

若手漫才ナンバーワン決定戦「M-1グランプリ2021」決勝(12月19日)の審査員をオール巨人(9)、上沼恵美子(9)、立川志らく(4)、サンドウィッチマン・富澤たけし(5)、中川家・中川礼二(7)、ナイツ・塙宣之(4)、ダウンタウン・松本人志(15)が務めることが24日、わかった。ABCテレビが発表した。

7人は、2018年から4年連続同じメンバー。今年もファイナリスト9人と敗者復活枠の計10組をジャッジする。今回は01年にスタートした「M-1」誕生20年の節目で、史上最多の6017組がエントリーしている。なお、12月19日午後6時34分からのABC・テレビ朝日系の放送は今田耕司と上戸彩が司会を務める。()内は審査員の回数。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加