「これは宇宙戦闘機 meets『Destiny 2』だ」―宇宙オープンワールドハクスラフライトシューティング『EVERSPACE 2』インタビュー

「これは宇宙戦闘機 meets『Destiny 2』だ」―宇宙オープンワールドハクスラフライトシューティング『EVERSPACE 2』インタビュー

  • Game Spark
  • 更新日:2021/09/15
No image

「これは宇宙戦闘機 meets『Destiny 2』だ」―宇宙オープンワールドハクスラフライトシューティング『EVERSPACE 2』インタビュー

もっと画像を見る

No image

ROCKFISH GamesがSteamにて早期アクセス実施中の“ハクスラ”スペース・コンバット・シム『EVERSPACE 2』。

オープンワールドな宇宙を舞台に、己の戦闘機を操り、ハイスピードなドッグファイトを繰り広げつつ、様々なランダムプロパティの搭載されたパーツを集め、さらなる高みを目指していく基本構造が特徴的な作品です。Game*Sparkでは今回、ROCKFISH Gamesに対し、インタビューを実施することができました。本稿ではその内容をお届けします。

――まずは武器、機体、キャラクターの今後のカスタマイズ性について伺いたいです。武器について。メインとサブ、そして特殊スキルをそれぞれ装備可能ですが、例えばそれらをウェポングループのようなものにまとめて、戦闘中でも装備変更が可能になるということはありますか?また、それら武器や装備を育てたり、強化したりすることも将来的に可能になりますか?

ROCKFISH Games武器には、オートキャノンやビームレーザーなどの主力武器と、ホーミングミサイルランチャーやマインランチャーなどの副次武器の2つのモジュール設計があります。すべての主力武器は、発射時にそれぞれのエネルギープールを消費し、それ以外の時にエネルギーを溜めます。副次兵器は、弾薬の数が限られています。

マウスホイールをスクロールすることで主力武器に、Rボタンを押すことで副次武器に切り替えることができます。複数の武器を同時に、またはグループで使用することは予定していませんが、(武器スロットがあれば)クイックチェンジを行うことで、常に戦闘に備えておくことができます。

現在のクラフトシステムでは、様々なギアを解体してクラフト素材を作り、その素材を使って自分の好きなギアを作ったり改造したりすることができます。現在、プレイヤーはアイテムのティアを上げる、アイテムのレベルを1つ上げる、レベルを1つ下げることができます。この機能は今後調整していく予定ですので、ご期待ください。"

――次に機体について。船体の色を自由に変更できるようにはなりますか?例えば、メインとサブで違う配色にできるなど。また、それに合わせて、デカールなどの装飾を船体に施すことは可能でしょうか?

ROCKFISH Games端的に言えば、答えは「はい」です。

現在のビルドでは、25種類の船色と15種類のエミッシブライトが用意されており、プレイヤーはそれらの中から好きなものを選び船の外観をカスタマイズすることができます。船には色の選択が反映される3つの領域があり、プレイヤーは第1、第2、第3の色を選択します。さらに、色を標準的な仕上げからメタリックな仕上げに変更したり、反射効果の滑らかさ/粗さを調整したりすることもできます。また、2つのエミッシブライトを選択ができ、船にはっきりとした色調を加えています。また、その色や光はコックピットにも影響します!

プレイヤーが選択できる派閥関連のデカールが多数用意されており、船の外装に表示されるときの色を変更することができます。それぞれのデカールは、船に記章と派閥の文字を追加し、「ブラッドスター」のデカールを選んだ場合、船には「ブラッドスター」と表示されます。また、文字色の変更も可能です。

船には最初から配色が決まっているので、ライトとの色の組み合わせをしたくない場合は、オリジナルのスタイルを選択することができます。

いろいろ紹介しましたが、船のカスタマイズは今後も続々と登場するでしょう。

No image

――キャラクター自身のカスタマイズについて。ムービーなどでデフォルトのまま固定表示にせざるを得ないことは重々承知の上ではありますが、主人公が3Dモデルで登場することはありますでしょうか?またその際、外見を変更することは可能でしょうか?

ROCKFISH Games船のコックピットの中にいるキャラクターの3Dモデルは、開発後期に追加する予定ですが、主人公はカスタマイズできない特徴的な外観を持っています。ただ、ゲーム内では、ほぼ99%の確率で船がプレイヤーの視界に入るようになっています。そのため、我々はプレイヤーの船のスタイルやテーマのカスタマイズを重視しています。

――本作はBGMの完成度も高く、粒ぞろいな曲の中でも、特にジャンプによる高速移動中のBGMが大好きです。個人的な興味で恐縮ですが、サウンドトラックを単品でリリースする予はありますでしょうか?

ROCKFISH Gamesはい、3~5時間のOSTと32~64ページのアートブックを収録したデラックスアップグレードDLCの発売を予定しています。

――複数の言語に対応予定とありますが、日本語については、いつ頃の実装予定を考えておられますでしょうか?

ROCKFISH Games日本語のUIとテキスト言語対応は2022にフルリリースを予定しています。

――本作は、早期アクセスの段階だと、最高レベルは14で打ち止めですが、将来的に最高いくつまでを考えておられますでしょうか?

ROCKFISH Games最初の大型コンテンツアップデート「Contracts/Hinterlands」では、レベル上限を15まで引き上げました。今後も徐々にレベル上限を上げていき、最終的には30~50の間のどこかになる予定です。

No image

――メインミッション達成に必要なパーツを入手するにあたり、とあるショップのサブミッションをクリアすることによって、安い価格で手に入るといったイベントがありました。例えば、これはイベントに限らず、通常において、条件達成によって値下げなどの特典が発生する所謂「友好度」的なシステムは、今後導入予定などありますでしょうか?

ROCKFISH Gamesほとんどのメインミッションでは、かなり具体的なタスクを行うことになりますが、プレイヤーが自由に歩き回ることで、ゲーム中の特定の派閥からの評判に基づいた結果が得られます。異なった派閥のために仕事をすることで評判が増し、派閥に貢献すればするほど特別な特典がアンロックされます(例えばその派閥に属する基地での値下げなど)。

――また、ロードマップにおいてCOMPANIONという項目がありました。一緒に編隊飛行などを行える味方NPCは、今後登場予定なのでしょうか?

ROCKFISH Games""Elek ""は、前述のコンテンツアップデートで実装されたコンパニオンで、気が向いたときに飛び入りで戦闘を手伝ってくれます。また、ミッションによっては、仲間が助けてくれることもあります。

オープンワールドの構造上、複雑になりすぎるため、常に味方がいる完全なコンパニオンシステムは予定していません。

――今後多数の船の拠点になるような大型艦の登場や、それらの大型艦をプレイヤーが扱える可能性はあるのでしょうか?

ROCKFISH Games敵のNPCのキャピタルシップと戦えるようにする計画はあります。しかし、大型船を操縦することはできません。それができるようになるとアクションが遅くなり、まったく別のタイプのゲームになってしまい、『EVERSPACE』が目指すものとは異なってしまいます。

――宇宙探索する際、マップやHUD上に、目的地までに設定したルートをガイドを表示等は可能になるでしょうか?

ROCKFISH Gamesはい、マップメニューでは、HUD上の移動したい場所をハイライトするポインタを設定することができます。

No image

――ところで同じドイツ・同じオープンワールドのスペースコンバットジャンルということで『X』シリーズと比較されることもあるかと思うのですが、『EVERSPACE 2』ではあの膨大なサンドボックスと比べてどのような差別化を図ろうとしていますか?

ROCKFISH Games『EVERSPACE 2』は、探索、大量の戦利品、RPG要素、採掘、クラフトなどを備えた、ハイテンションな宇宙船シューティングゲームです。プレイヤーは、手作業で作られた鮮やかなオープンワールドを舞台に、考え抜かれたストーリーを体験します。宇宙や惑星を探索しながら、プレイヤーは秘密を解き明かし、パズルを発見し、危険に立ち向かいます。

『EVERSPACE 2』は、大規模でハードコアなスペースシムと比較して、よりアクションに特化した親しみやすいゲームです。いわばシングルプレイの『Destiny 2』にスターファイターを追加したようなものです。

――BGMとは別に、筆者が個人的に好きなのは、本作品のマップオブジェクトの作りこみです。特に地表での飛行は、重力を感じる実に巧みなデザインが為されています。構造物をすり抜けながら敵スペースシップとドッグファイトを行い、スレスレで勝利を掴む瞬間は最高です。話が少々ズレてしまいましたが、そんな瞬間をスクリーンショットとして収めたいですよね……そこで、将来のアップデートでフォトモード実装予定などあるでしょうか?

ROCKFISH Gamesなんとすでにフォトモードが実装されています!Zボタンを押すだけでアクションが一時停止し、自由にカメラを動かすことができ、FOV、絞り、露出などを調整して、その瞬間を完璧に捉えることができます。

――ありがとうございました。

No image
No image

『EVERSPACE 2』は、Steamにて4,750円で早期アクセス実施中です。

Game*Spark

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加