14年ぶりにフルチェンした7代目を米国で発表!! 今こそ6代目・フェアレディZを買え!

14年ぶりにフルチェンした7代目を米国で発表!! 今こそ6代目・フェアレディZを買え!

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2021/09/15
No image

米国ニューヨークの街を駆け抜ける7代目。米国版の発売に関して日産は「来春」とアナウンス

ついに7代目が米国で世界初公開された。日本登場もカウントダウンが始まっている。つまり、現行モデルを購入するなら今しかない。てなわけで、自動車ジャーナリストの渡辺陽一郎(わたなべ・よういちろう)氏が徹底解説する!

【画像】日産 フェアレディZの細部

* * *

■日本版の価格は430万~550万円を予想

No image

日産Z(日本名=フェアレディZ) 発表:2021年8月17日(現地時間) 米国仕様のボディサイズは全長4379mm×全幅1844mm×全高1316mm。トランスミッションは6速MTと9速ATを用意

――先月17日(現地時間)に新型フェアレディZがアメリカでご開帳されて大きな話題を呼んでいます。

渡辺 フェアレディZは、1969年の初代発売から独自のデザインと手頃な価格で人気を博し、世界累計販売は180万台以上を誇る後輪駆動のスポーツカーです。ちなみに今回お披露目された新型は2008年以来、14年ぶりのフルモデルチェンジで、初代から数えると7代目になります。

No image

エンジンは3リットルのV6ツインターボガソリンエンジンを搭載。最高出力は405PS、最大トルク475Nmを発生

――新型のエンジンはどんな感じになったんスか?

渡辺 新型のエンジンはV型6気筒の3リットルツインターボです。スカイライン400Rに搭載されているエンジンと基本的には同じと考えていいと思います。

米国仕様の最高出力は405PSです。ただし、現行モデルのエンジンはV型6気筒3.7リットルでターボを装着しない自然吸気でしたから、エンジンの性格はガラリと変わります。動力性能は新型のツインターボのほうが高い。一方、吹け上がりの鋭さは現行モデルのほうが上です。

No image

インパネ上部には伝統の3連メーター(ブースト計、ターボ回転計、電圧計)が鎮座している

――気になるお値段はどうなりそうですか?

渡辺 6代目の最も安いグレードは400万円以下でしたが、新型は衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備も充実するため、日本版の価格は430万~550万円程度になるでしょう。

ちなみに同じエンジンを搭載したスカイライン400Rの価格は560万円を超えています。それを踏まえて考えると、7代目フェアレディZはかなり割安な価格設定だなと。

No image

リアのテールランプはLEDを採用している。初代、5代目フェアレディZを意識し、それを現代風にアレンジ

No image

後輪駆動車らしいロングノーズショートデッキのスタイルが実に美しい。初代を強く意識したデザインだ

――割安のワケは?

渡辺 日産にとってこの7代目は経営再建のシンボル的な面があります。多くの人に乗ってほしいという気持ちが日産にはあると思いますね。

――そんな7代目の日本デビューはいつ頃になりそう?

渡辺 日本版は今冬に詳細が発表される予定です。

No image

日産 フェアレディZ 発売:2008年12月 価格:397万9800~651万9700円 目標値引き:25万円 リセール:B レブリミットは7500回転。エントリーモデルの価格は400万円を切っておりチョーお買い得

――6代目の見た目や走りに憧れていたファンは今が購入のラストチャンスですか? 7代目が日本で発売されたら6代目は買えませんよね。

渡辺 はい。特に新車で狙うならモタモタしている時間はありません。

――どういうことスか?

渡辺 販売店を取材したら、すでにメーカーへの発注は終了していると。

No image

ナビの画面が小さく古さを感じさせる。ダッシュボード中央にはお約束の3連メーターがドーン

――マジか! つまり、6代目は在庫を狙うしかない?

渡辺 ええ。正直、グレードの選択は難しい状況だと思いますが、6代目の推しグレードは6速MT専用モデルのバージョンSです。4輪アルミキャリパー対向ピストンブレーキなどが装着されており、安心して走りを楽しめます。

――どうしても6代目を欲しい人は中古車も検討すべき?

渡辺 中古は狙い目ですね。実は走行距離が1万km以下の程度のいい中古車がけっこう流通しているんです。しかも、7代目の納車が開始されて1年ぐらいすれば、下取りに出された6代目の中古車が少しずつ増える。そうすると選択肢も多くなりますし、タマが増えれば中古車相場は下がる。中古車も注目ですね。

No image

エンジンは3.7リットルのV型6気筒の自然吸気。最高出力は336PS。鋭い加速が自慢

――6代目のリセールバリューはどうです?

渡辺 数年後の売却条件は期待を裏切らないでしょう。特にエンジン、サス、ボディを専用チューンしたニスモ仕様は人気が高く、好条件になる可能性がありますね。

日産が熟成に熟成を重ねた6代目フェアレディZは、08年デビューなので運転すると古さを感じる部分もあります。ただ、後輪駆動の古典的なスポーツカーの味わいが好きな6代目のファンは狙い目です!

●渡辺陽一郎(わたなべ・よういちろう)
カーライフジャーナリスト。1989年に自動車購入ガイド誌『月刊くるま選び』(アポロ出版)の編集長に。1997年に同社取締役を兼任。その後、フリーランスに。著書に『運転事故の定石』(講談社)など。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

撮影/本田雄士 写真協力/日産自動車

撮影/本田雄士 写真協力/日産自動車

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加