北海道の幻の食を世界へ届ける!NFTプロジェクト『KAMUY-HKD』がスタート

北海道の幻の食を世界へ届ける!NFTプロジェクト『KAMUY-HKD』がスタート

  • STRAIGHT PRESS
  • 更新日:2022/06/23
No image

「ベネインビクタス」は、北海道のNFTプロジェクト『KAMUY-HKD(カムイ – ホッカイドウ)』が発行する、限定1179個のNFTの発売を、6月16日(木)、世界に向けて発表した。

北海道の食と自然を守る

No image

豊かな自然と食に恵まれた北海道。しかしながら昨今、温暖化などの環境問題により北海道の海の幸が激減している。

特に去年から温暖化による赤潮の影響でウニやサケ、貝類に大打撃を受けており、特に北海道の東側のウニの9割が死滅する事態となった。

それにより漁師などの第一次産業の人口も減少。『KAMUY-HKD』は、世界の人々とコミュニティを築くことができるNFTにより、北海道の食と自然を守っていきたいと考えている。

また、売上の一部は北海道の第一次産業に還元される。

北海道の活性化を目指すプロジェクトチーム

『KAMUY HKD TEAM』は、Web3を軸に北海道の活性化を目的としたプロジェクトチーム。大手ITベンチャー創業メンバーやブロックチェーン開発者、世界的なNFTプロジェクトを立ち上げた経験豊かなメンバーで構成されている。

第一弾は「黒毛蟹」を限定販売

『KAMUY-HKD』が発行するNFTホルダー限定で、市場では滅多に出回らない北海道の食材を購入できる特典や、飲食店と提携したホルダー限定のメニューや食事会などのイベントといった様々なコンテンツの体験が可能に。

No image

第一弾として、日本でも有数の蟹卸問屋である「加藤水産」をコラボレーターとして迎え、数千匹に一匹と言われる「黒毛蟹」をNFTホルダーだけに限定販売。

No image

また、8月ごろ、札幌とニセコにある「蟹鮨 加藤」にて、限定食事会が開催される。

今後は世界中のレストランと提携

No image

今後は定期的に新商品、レストラン、コラボレーターを増やしていき、イベントは日本だけでなく世界中のレストランと提携。北海道の幻の食材を使った限定食事会や限定メニューを全世界で提供する予定だ。

この機会に、北海道の食を次世代へ紡ぐ、第一次産業支援NFTプロジェクトに参加してみては。

KAMUY-HKD:https://jp.unmasq.io/

Sato

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加