「エール」高校球児役の伊藤あさひ「人生初」丸刈り

「エール」高校球児役の伊藤あさひ「人生初」丸刈り

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/16
No image

NHK連続テレビ小説「エール」で高校球児を演じるにあたり、丸刈り頭に初挑戦した伊藤あさひ

俳優伊藤あさひ(20)が、14日に本放送が再開したNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜午前8時)で高校球児を演じるにあたり、初の丸刈り頭を公開した。

伊藤は劇中で、窪田正孝演じる主人公古山裕一と音の娘の華が思いを寄せる、甲子園を目指す男子高校生・竹中渉を演じる。これまで金髪など髪の色を変えたことはあったが、初の丸刈りに挑戦した。

伊藤は「『エール』に出演が決まり、また新たな伊藤あさひを見ていただける機会ができてうれしく思います。スポーツ刈りは小学生の頃にしたことはありますが、丸刈りは人生初です。皆様からの反応も楽しみです。ぜひ、注目して見ていただけたらうれしいです」とコメントした。

伊藤は2000年(平12)に東京で生まれ、17年にテレビドラマ「緊急取調室」で俳優デビュー。翌18年「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」で主演を務めた。そのほか、ドラマ「先に生まれただけの僕」「俺のスカート、どこ行った?」、「高嶺と花」、「4分間のマリーゴールド」、映画「私がモテてどうすんだ」などに出演。21年初春には「マイルノビッチ」の配信を予定している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加