党と世論に押され方針転換 政権の求心力低下に懸念も

党と世論に押され方針転換 政権の求心力低下に懸念も

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/01/14

菅義偉(すが・よしひで)首相がビジネス往来の一時停止に踏み切った。経済や相手国との関係を重視し、往来継続にこだわりを見せてきたが、自民党や世論の反発に折れた形だ。観光支援事業「Go To トラベル」をはじめとする新型コロナウイルス対策をめぐる首相の方針転換に、政権の求心力低下を懸念する声も出ている。
 「外交部会の意見が政府の背中を押した」。14日の自民党外交部会の会合で佐藤正久部会長は胸を張った

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加