「おろしたのは事実だが盗んではいない」勤務先の元入院患者の口座から1683万円盗む...病院職員を再逮捕

「おろしたのは事実だが盗んではいない」勤務先の元入院患者の口座から1683万円盗む...病院職員を再逮捕

  • CBCテレビ
  • 更新日:2021/10/14

入院していた患者の口座から現金およそ1700万円を盗んだとして、病院職員の男が再逮捕されました。

再逮捕されたのは、名古屋市西区にある病院の職員・殿山周平容疑者(40)です。

警察によりますと、殿山容疑者は去年4月から6月にかけて、勤務先の病院におととし入院していた男性の口座から現金あわせて1683万円余りを引き出して盗んだ疑いがもたれています。

調べに対し、殿山容疑者は「おろしたのは事実ですが、盗んではいません」と容疑を否認しています。

男性の口座残高は1億円以上ありましたが、ほとんどなくなっていたということです。

殿山容疑者は、9月にも女性患者の口座から現金を盗んだとして逮捕されていました。

殿山容疑者の車などからは他人の通帳が複数見つかっていて、警察が余罪を調べています。

© CBC TELEVISION CO.,LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加