NHK稲葉延雄新会長、紅白歌合戦の意義強調「年末の風物詩、色々な世代の人が楽しむプログラム」

NHK稲葉延雄新会長、紅白歌合戦の意義強調「年末の風物詩、色々な世代の人が楽しむプログラム」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2023/01/29

元日本銀行理事の稲葉延雄氏が、25日付でNHKの新会長に就任し、東京・渋谷の同局で会見を行った。昨年大みそかの「紅白歌合戦」について感想を語った。

No image

記者会見するNHKの稲葉延雄新会長(代表撮影)

「後半に入って私が大好きな加山雄三さんが出てきたりと、楽しく見させていただいた」と充実感。「会長就任のあいさつをする中で、“今年の紅白は楽しかった”という声をよくいただいた。紅白の楽しみ方は色々とあり、年末の風物詩の中に溶け込んでいる感覚があった」と番組の意義を強調した。

会長として今度は紅白の“作り手”側になることになる。「長い歴史のある番組。色々な世代の人たちが楽しむプログラムであることを念頭に置いて、工夫をしていきたい」とした。

稲葉会長は1974年に東京大学経済学部を卒業し、日本銀行に入行。04年に日銀理事に就任し、05年に大阪支店長を務めた。08年に退任し、リコーの特別顧問就任した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加