中大1年吉居大和が快走 三浦に後れも2位通過貢献

中大1年吉居大和が快走 三浦に後れも2位通過貢献

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/17
No image

10位でフィニッシュの中大・吉居大和 (代表撮影)

<第97回箱根駅伝予選会>◇17日◇東京・陸上自衛隊立川駐屯地◇21・0975キロ(ハーフマラソン)

中大の期待の1年生、吉居大和が快走を見せた。序盤からチームメートの森凪也(3年)らとともに日本人トップグループにつけ、「積極的に入ることができた」。

終盤、同じ1年で順大の三浦龍司らも集団に加わってきたなか、ラストスパートで三浦に後れを取ったが、それでも1時間1分47秒の好タイムでフィニッシュ。「三浦君に勝ちたい思いがあったが、(脚が)動かなかった。また一緒に走る機会があれば勝てるように頑張る」と話した。

7月のホクレンディスタンス千歳大会5000メートルでは、U20(20歳以下)日本記録の13分28秒31をマークしたルーキー。チームの予選2位通過、歴代最多となる94回目の本戦出場に貢献した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加