サイゼ、500円でできる「究極アレンジ」が話題 締めまで激ウマだった

サイゼ、500円でできる「究極アレンジ」が話題 締めまで激ウマだった

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/10/26
No image

スープのない麺にさまざまな具材や調味料を混ぜて食べる油そばは、今や定番の麺メニューとなり、専門店も多く立ち並んでいる。

画像をもっと見る

■ネットで話題のアレンジメニュー

No image

じつは、イタリアン・ファミリーレストランのサイゼリヤで、あるメニューをアレンジすると油そばのようなスパゲッティが完成することを知っているだろうか。

にんにくの甘みを感じられるシンプルなスパゲッティとして人気の「アーリオ・オーリオ(税込300円)」に、「ガルムソース&野菜ペースト(税込150円)」と「トッピング半熟卵(税込50円)」をトッピングすると、「まるで油そば」とネットで話題に。

関連記事:手間がかかりすぎる『ホワイト餃子』の冷凍餃子が最高 皮はサクサク中身はしっとり

■にんにくの香りが最高

No image

油そばが大好きな記者は、急いでサイゼリヤに駆け込み、アーリオ・オーリオとトッピングメニューを注文。5分もしない間に提供、ファーストフード店並みの速さに驚かされた。

No image

具なしのアーリオ・オーリオに野菜ペーストをかけ、半熟卵をのせる。仕上げにガルムソースをかけると一気に見栄えが良くなった。この時点でにんにくの香ばしい匂いが鼻を刺激する。

■反則級のウマさに驚かされた

No image

油そばと同じ要領でよく混ぜてから食べてみると、ガルムソース&野菜ペーストのにんにく風味が麺と絡み合い、舌を刺激する。反則級のウマさで無限に食べることができるのではと感じるほどだ。これで500円は正直安い。

それだけでなく、半熟卵にクリーミーさが、にんにくの味をより濃厚にしてくれる。お酒との相性も抜群だと思うが業務時間ということもあり、泣く泣く断念。

No image

パンチの効いたにんにくと程よい濃さのガルムソースのハーモニーは、専門店の油そばにも劣らない味で、すぐに完食。

■濃厚で奥深い締めメニュー

No image

にんにくが効いた激ウマソースがたっぷりと余ったので、「ライス(税込150円)」と混ぜて締めメニューをアレンジしてみることに。

No image

ライスと余ったスープを混ぜるだけで完成。卵かけご飯のような感じでとてもシンプルだが、どのような味がするのだろうか。

No image

早速一口食べてみると、素朴な見た目とは裏腹な超攻撃的な味が舌を支配する。激ウマソースとご飯が合わない訳がなく、濃厚で奥深い締めメニューへと変貌を遂げる。個人的にはスパゲッティよりも、おいしいと感じた。

■広報のオススメも聞いてみた

今回、話題となったアーリオ・オーリオのアレンジメニュー。じつは、サイゼリヤの公式でもアレンジを推奨している。

どのようなアレンジメニューがあるのか気になったので、広報に問い合わせてみると、「柔らか青豆の温サラダ、ほうれん草のソテーとの組み合わせがオススメです」との回答。

さらに、「私個人としましては、エスカルゴのオーブン焼きと一緒に食べるのがオススメです。ガーリックバターの濃厚さが、スパゲッティとも合います」と、広報の方のイチオシアレンジも聞くことができたので、好みのアレンジメニューを開発してみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→あの『ブタメン』のカップ焼きそばが登場 大人たちが喜ぶワケは…

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加