浪川大輔、斉藤壮馬ら豪華声優陣が熱演「READING MUSEUM」朗読劇第2弾が決定

浪川大輔、斉藤壮馬ら豪華声優陣が熱演「READING MUSEUM」朗読劇第2弾が決定

  • ドワンゴジェイピーnews
  • 更新日:2021/01/12

新感覚朗読劇プロジェクト「READING MUSEUM(通称:リーミュ)」より、第2弾公演『池袋シャーロック、最初で最後の事件』の開催が発表され、メインビジュアル・出演キャストも解禁された。合わせて脚本・斜線堂有紀からもコメントが届き、チケット販売も開始となっている。

声優・浪川大輔を館長に迎え、新進気鋭のメンバーが集結する朗読劇プロジェクト「READING MUSEUM」。本作『池袋シャーロック、最初で最後の事件』は、昨年9月にMixalive TOKYOで上演され好評を博した第1弾『池袋ナイトアウルテールズ』に続く第2弾公演となる。近年独創性際立つ物語展開で注目されているミステリー小説家・斜線堂有紀によって描き下ろされたオリジナルストーリーを、浪川大輔、前野智昭細谷佳正天﨑滉平斉藤壮馬ら豪華声優陣が熱演する。

No image

浪川大輔が演じるのは“立帝大学のシャーロック・ホームズ”こと、犯罪社会学を専門とする大学教授・北崎。北崎は、前野智昭・細谷佳正・天﨑滉平・斉藤壮馬が演じる友人や教え子たち巻き込み、自身が務めるキャンパス内で起こった殺人事件の解決に挑んでいく。しかし北崎は実のところ推理力は皆無であったために、無能な推理の過程で思わぬ真相が明らかになっていき…。

登場人物の配役や性格は同じながらも、事件や結末が公演ごとに異なる本作。複数の世界線で繰り広げられ、一幕ごとに新たな驚きが訪れる全6幕の物語をお楽しみいただける。また脚本を担当する斜線堂有紀も「朗読劇でミステリーをやるという麗しく壮大な挑戦です。ミステリーが好きな方もそうでない方も、この一世一代の大事件を目撃してください」とファンに向けてコメントを寄せた。

合わせて解禁されたメインビジュアルは“シャーロック・ホームズ”の世界観さながらに、まるでホームズと相棒のワトソンの如くパイプの煙が漂う中に二人が佇み、今にも事件解決の謎解きが始まりそうな印象的なビジュアルとなっている。また公式サイトでは、新感覚朗読劇プロジェクト「READING MUSEUM」の館長を務める浪川大輔の録り下ろしボイス付きプロモーション映像も公開されている。

そして配信チケットも販売開始となり、1月26日、1月30日に配信公演が行われるうえ、2月7日には生配信も決定した。1話完結型でありながらも、各公演ごとに事件の内容や展開が異なる全6幕は全て見逃せない内容となっている。さらに、脚本・斜線堂有紀による書き下ろしにて本公演サイドストーリー「The extra problem」のAmazon Kindle配信も決定。全6公演すべてにおいて、公演日同日に配信される。後日発表の詳細をお待ちいただきたい。

<脚本・斜線堂有紀 コメント>
朗読劇でミステリーをやるという麗しく壮大な挑戦です。聴いて楽しい会話の妙と謎解きの快感を大切にしました。この物語のキーパーソンである北崎教授は全く推理が出来ません。無能さで言えば全世界上位2%に入ります。けれど、探偵です。探偵はその場にいるだけで影響を及ぼす装置です。その意味が分かる朗読劇になっています。ミステリーが好きな方もそうでない方も、この一世一代の大事件を目撃してください。

(C)池袋シャーロック/ READING MUSEUM

すべての画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加