ドルトムントの神童ムココ、ブンデス最年少出場記録を更新。16歳1日でデビュー

ドルトムントの神童ムココ、ブンデス最年少出場記録を更新。16歳1日でデビュー

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/11/22
No image

【写真:Getty Images】

ボルシア・ドルトムントのFWユスファ・ムココが現地時間21日、ドイツ・ブンデスリーガの最年少出場記録を更新した。

ドルトムントはこの日、ヘルタ・ベルリンと敵地で対戦。20日に16歳の誕生日を迎えたばかりのムココはベンチスタートとなり、85分から途中出場。元トルコ代表のMFヌリ・シャヒン(現アンタルヤスポル)が2005年に達成した16歳335日を大きく上回る記録更新となった。

ブンデスリーガでは16歳からプレー可能となっており、ムココの新記録は驚異の才能が現れてもルールの改正がなければ当分塗り替えられることはなさそうだ。

下部リーグで圧倒的な活躍を見せてきた神童ムココ。24日のチャンピオンズリーグに出場すれば、同大会でも最年少出場記録更新ということになる。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加