カルロビッチ「全米後に引退」

カルロビッチ「全米後に引退」

  • tennis365
  • 更新日:2021/07/21
No image

デルレイビーチでのカルロビッチ : 画像提供 ゲッティイメージズ

男子テニスのミフェル・オープン(メキシコ/ロス カボス、ハード、ATP250)は20日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク200位のI・カルロビッチ(クロアチア)は第5シードのJ・トンプソン(オーストラリア)に4-6, 5-7のストレートで敗れ、初戦敗退となった。

現在42歳で元世界ランク14位のカルロビッチは、今大会にワイルドカード(主催者推薦)で出場。この日は11本のサービスエースを放つも、トンプソンに3度のブレークを許して1時間33分で力尽きた。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでカルロビッチのコメントを掲載し「トンプソンのリターンはとてもよく、全てを正しくやれているような感じだった。僕は試合の始めにチャンスがあったけれど、活かすことができなかった」と振り返った。

さらに「僕のランキングは今すごく落ちている。全米オープンの後、引退すると思う。でもまだそれまでに結果を残せるチャンスもある。もしよかったらまた考え直すだろう」と引退について言及した。

勝利したトンプソンは2回戦で世界ランク165位のS・オフナー(オーストラリア)と対戦する。オフナーは1回戦で同136位のJ・ロディオノフ(オーストラリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の1回戦では世界ランク119位の内山靖崇らが2回戦へ駒を進めた。

今大会の第1シードはC・ノリー(イギリス)、第2シードはJ・イズナー(アメリカ)、第3シードはT・フリッツ(アメリカ)、第4シードはS・クエリー(アメリカ)。上位4シードは1回戦免除のため2回戦から登場する。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加