4強チチパス 全豪優勝に自信

4強チチパス 全豪優勝に自信

  • tennis365
  • 更新日:2023/01/25
No image

ステファノス・チチパス : 画像提供 ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は24日、男子シングルス準々決勝が行われ、第3シードのS・チチパス(ギリシャ)が世界ランク71位のJ・レヘチカ(チェコ)を6-3, 7-6 (7-2), 6-4のストレートで破り、3年連続4度目のベスト4進出を果たした。チチパスは試合後、タイトル獲得の自信は「間違いなくイエス」と語った。

>>ジョコビッチvsルブレフ 1ポイント速報<<

>>シェルトンvsポール 1ポイント速報<<

6年連続で全豪オープンに出場しているチチパスは2年連続で4強入り。今大会は1回戦で世界ランク64位のQ・アリス(フランス)、2回戦で同169位のR・ヒジカタ(オーストラリア)、3回戦で同63位のT・フリークスポール(オランダ)、4回戦でJ・シナー(イタリア)を下して勝ち上がった。

この試合の第1セット、チチパスはファーストサービスが入ったときに84パーセントの高い確率でポイントを獲得。21歳のレヘチカに1度もブレークチャンスを与えることなく、リターンゲームでは1度のブレークに成功し、先行する。

続く第2セットでは第4ゲームで5度のブレークポイントを握られるも全て凌いだチチパス。その後は互いにサービスキープが続きタイブレークに突入するも序盤で4ポイントを連取し、セットカウント2-0と勝利に王手をかける。

第3セット、序盤からサービスキープが続くと第7ゲームでは0-40とされピンチを迎える。それでもこれを凌いだチチパスが終盤となった第10ゲームでブレークに成功し、2時間17分で勝利した。

勝利したチチパスは準決勝で第18シードのK・ハチャノフと対戦する。ハチャノフは準々決勝で第29シードのS・コルダ(アメリカ)と対戦したが、第3セット途中にコルダが右手首の負傷を理由に途中棄権を表明したため、グランドスラムでは昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に続く2度目の4強入りを決めた。

試合後の会見でチチパスは準決勝のハチャノフ戦について「試合が楽しみだ、準決勝に戻れるのは素晴らしいことだよ」と語った。

「もちろん、これまでのプレーに満足しているのは間違いない。もっと、もっと、勝ち進んでいきたい。ここオーストラリアで、魔法のような体験をしたいと思う」

「テニスの調子は絶好調だよ。こんなに気持ち良くプレーできるのは久しぶりかもしれない。(タイトル獲得については)間違いなくイエスと言うだろう」

「コートに立つときはネガティブなことはあまり考えない。 僕はただ、そこに行ってゲームをするだけだ」

チチパスと第4シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は今大会で優勝を飾ると、大会後に発表される世界ランキングで1位の座につく。

[PR]全豪オープンテニス 1/16(月)~1/29(日)WOWOWで連日生放送!WOWOWオンデマンドで全コートライブ配信!西岡 良仁ら出場「デビスカップ 日本vsポーランド」2/4(土)2/5(日)WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加