森川智之、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』に参戦 吹替本編映像解禁

森川智之、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』に参戦 吹替本編映像解禁

  • クランクイン!
  • 更新日:2021/11/25
No image

映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』マリガン刑事役を務める森川智之<画像を拡大する>

俳優トム・ハーディが主演する映画『ヴェノム』の続編『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の日本語吹き替え版に、声優の森川智之が参戦することが決定。森川が担当するマリガン刑事が登場する日本語吹き替え版本編映像が解禁された。

【動画】諏訪部順一&森川智之の美声にしびれる!『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』吹替版本編映像

スパイダーマンの宿敵であり、マーベル史上最も残虐な悪<ダークヒーロー>が誕生した前作『ヴェノム』は、2018年に劇場公開され、全世界興行収入941億円を超える大ヒットを記録した。

本作はその続編。未解決事件の真相を追うジャーナリストのエディ(トム・ハーディ/声:諏訪部順一)は、刑務所である死刑囚と再会する。その男の名はクレタス・キャサディ(ウディ・ハレルソン/声:内田直哉)。これまで幾度となく猟奇殺人を繰り返し収監されたシリアルキラーだが、死刑執行時にクレタスがカーネイジへと覚醒。世界を闇へと変えていく。

『鬼滅の刃』の産屋敷耀哉役や『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし(2代目)役などのほか、トム・クルーズやキアヌ・リーヴスなど人気俳優の吹き替えも務めるなど幅広く活躍する森川。そんな彼が本作で演じるのは、前作で起きた事件について主人公エディの関与を疑う、正義感あふれるサンフランシスコ市警のマリガン刑事役。

今回解禁されたのは、マリガン刑事の元をエディが訪れる場面を収めた日本語吹き替え版本編映像。連続殺人鬼クレタスが死刑執行前に面会したい相手として指名されたエディは、「クレタスとは関わりたくない」と懇願するが、マリガン刑事は「あいにくだが、お前にだけ会うそうだ。前にも1度面会して、何も聞き出せなかったがな」と冷淡な態度。そしてエディを見据え「見つかってない死体を埋めた場所を吐く気になったのかも。しくじるな。たまにはまともなことをしてみろ」と言い放つ。すると、エディを全く信用しないマリガン刑事に、ヴェノムが後ろからかぶりつこうとするが…。

エディ役の諏訪部やクレタス役の内田をはじめ、ヴェノム役に中村獅童、エディの元婚約者アン(ミシェル・ウィリアムズ)役に中川翔子が前作から続投するほか、新たなヴィランであるシュリーク(ナオミ・ハリス)役を早見沙織が務めることも決定している本作。

今回からヴェノム・シリーズに参戦することとなった森川は「大人気のこの作品に参加できてとても光栄に思っています。キーパーソンとなるマリガン刑事、ファンの皆さんは、彼の活躍がとても気になるところだと思います。そこは是非、劇場にてご確認していただければと思います。お待ちしています」とコメント。低く響く美声で多くのファンを魅了する森川が、どのようにマリガン刑事を演じるのか注目が集まる。

映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は、12月3日より全国公開。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加