おぎやはぎ小木 吉田羊と“仲良し夫婦”の矢作に嫉妬「あれあるね、撮影終わったら...不倫」

おぎやはぎ小木 吉田羊と“仲良し夫婦”の矢作に嫉妬「あれあるね、撮影終わったら...不倫」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/17

お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明(49)が15日深夜、TBSラジオ「JUNK おぎやはぎのメガネびいき」(木曜深夜1・00)で、23日スタートのTBS系ドラマ「恋する母たち」(金曜後10・00)に出演する相方の矢作兼(49)をうらやましがった。

No image

「おぎやはぎ」の矢作兼(右)と小木博明

矢作は売れない小説家という役どころで、キャリアウーマン役の吉田羊とは夫婦役。2人の仲むつまじい写真を見たという小木は「うらやましい。ずるいやつ。いい夫婦なんだよね~」と本音を語った。写真は矢作の肩に吉田があごを乗せているもので、小木は「ほんとの恋人に見えるね。あれあるね、撮影終わったら…不倫。そういうものでしょう?」と危険な“予告”をして笑わせた。

小木も昨年10月期の同局系ドラマ「G線上のあなたと私」で松下由樹と夫婦役を演じたが、こちらは冷め切った関係という間柄だった。それだけに、「俺らは仲悪い夫婦だから、休み時間も仲悪いのよ…悪いっていうか、あまりいい空気にならない。そういうの、ならなかったね。すげーうらやましい」と、心の叫びはなかなか収まらなかった。

矢作は既に吉田と打ち解けたという。「一発目にロケでいいところに行ってるの。そこでご飯とかも食べてるから。最初、スタジオじゃなくて泊まりのロケだったから、もう仲良くなっちゃった」と、劇中の“夫婦仲”を明かしていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加