【J1採点&寸評】柏1-2鳥栖|MOMは先制弾の大卒ストライカー!準備期間3日の柏も終盤は息を吹き返す

【J1採点&寸評】柏1-2鳥栖|MOMは先制弾の大卒ストライカー!準備期間3日の柏も終盤は息を吹き返す

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/11/22
No image

【警告】柏=大谷(45+1分)、ヒシャルジソン(83分) 鳥栖=なし 【退場】柏=なし 鳥栖=なし 【MAN OF THE MATCH】林 大地(鳥栖)

No image

【警告】柏=大谷(45+1分)、ヒシャルジソン(83分) 鳥栖=なし 【退場】柏=なし 鳥栖=なし 【MAN OF THE MATCH】林 大地(鳥栖)

[J1・28節]柏1-2鳥栖/11月21日(土)/三協フロンテア柏スタジアム

【チーム採点・寸評】
柏 5.5
練習再開から3日で迎えた試合だけに準備不足は否めなかった。連係が噛み合わず、ミスが多発し、終始鳥栖にペースを握られた試合となった。しかし終盤には次節以降につながる1点を返す。

【柏|採点・寸評】
GK
17 キム・スンギュ 5.5
4つのビッグセーブはいずれも見事と言うしかない。そのセーブがなければ一方的な試合になっていた可能性もあるが、53分の致命的なパスミスで失点の原因を作ってしまったのは大きなマイナス点。

DF
13 北爪健吾 6
前半はイージーなミスが見られたものの、神谷投入以降は積極的にサイドを駆け上がり、87分には得点につながるクロスを供給。

25 大南拓磨 5
序盤から林、小屋松に簡単に振り切られる不安定さを露呈。ビルドアップでもイージーなパスミスで59分にはピンチを招いた。
50 山下達也 5.5
対人守備では強さを発揮したが、ビルドアップでは鳥栖の前線からのプレッシングに圧倒され、狙われている左サイドにパスを付けるしか選択肢がなかった。

4 古賀太陽 5.5
ビルドアップでは普段では見せないパスミスが頻発した。攻撃をサポートしても、その後のプレーの選択が消極的だった。

MF
7 大谷秀和 5.5(HT OUT)
ビルドアップの入り口を作るため、最終ラインに落ちて鳥栖のプレスをいなそうとするが精彩を欠き、前半だけで交代となった。

27 三原雅俊 5.5
セカンドボールを拾う普段の出足の良さがなく、わずかに対応に遅れる。前半はミスも目立ったが、終盤は少しずつリズムを取り戻した。
MF
9 クリスティアーノ 5(67分OUT)
マッチアップした中野を突破できず、サイドではほとんどの局面でノッキングを起こす。背後を狙うばかりではなく、パスを呼び込む動きも必要。

33 仲間隼斗 5.5(67分OUT)
ライン間でパスを引き出す動きは見られたが、古賀や江坂との連係が合わなかった。守備でも絞り切れずに中盤にスペースを与えてしまう。

FW
10 江坂 任 5.5(63分OUT)
攻撃陣が裏一辺倒の動きになったため、江坂のパスを呼び込む動きが鳥栖に狙われてしまう。ボールを収めても普段のようにアクセントにはなれなかった。

14 オルンガ 6.5
途中までは前線で孤立し、鳥栖の両CBに完全に抑えられていたが、78分に原川からボールを奪ってシュートに持ち込んでからは迫力を取り戻す。87分には反撃の1点を返した。
交代出場
MF
8 ヒシャルジソン 5.5(HT IN)
ボールを持ったときには推進力を与える場面もあったが、守備では的を絞り切れず、陣形の間延びもあって中盤に大きなスペースを与えてしまう。

FW
19 呉屋大翔 6(63分IN)
他の選手同様決して万全の状態ではなかったが、投入直後から流れを変えようという意図は見えた。87分にはニアで北爪のクロスを後方に流し、オルンガの得点をアシスト。

MF
39 神谷優太 6(67分IN)
頻繁にボールに触り、ドリブルとクロス、さらに北爪との連携で攻撃を活性化。積極的にゴール前にも入っていった。

FW
18 瀬川祐輔 6(67分IN)
得点・アシストを記録したわけではないが、激しい球際の攻防でもボールを収めて果敢に前を向き、停滞していたチームにリズムをもたらした。

監督
ネルシーニョ 5.5
練習再開からわずか3日という状況では準備期間が短すぎたか。それでも呉屋、瀬川、神谷を途中から投入して終盤はリズムを掴んだ。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
鳥栖 6.5
前線からのプレス、コンパクトな陣形、出足の鋭さなど様々なアクションで柏を圧倒。相手のミスに乗じて2点を奪った。終盤に1点を返されものの、2−1で逃げ切りアウェー3連戦を2勝1分けで終えた。

【鳥栖|採点・寸評】
GK
40 朴 一圭 6.5
最後に失点こそ許したが、絶妙な飛び出しで高いディフェンスラインの背後のスペースをケアし続け、柏の攻撃陣に付け入る隙を与えなかった。

DF
2 原 輝綺 6
オルンガにはエドゥアルドとの連係で数的優位の状況を作って応戦。ほとんどの時間帯を抑えたが、終盤はオルンガのフィジカルの強さに手を焼いた。

41 松岡大起 6
ボランチとして攻守のバランスを取りながら、原川とともに試合を優勢に進める舵取りをこなす。鋭い縦パスで攻撃のスイッチも入れた。

3 エドゥアルド 6.5
高いラインをコントロールして、陣形をコンパクトに保つ。対人守備、空中戦でも存在感を見せ、終盤の柏のパワープレーも冷静に対応。
MF
28 森下龍矢 6(84分OUT)
出足の鋭さと、高い位置に入る積極性を見せて攻撃に厚みをもたらす。守備でも仲間にボックス内の侵入を許さなかった。

30 樋口雄太 6.5
インサイドの絶妙のポジショニングで存在感を示す。53分には柏のパスミスを奪い、林の得点をアシストした。

4 原川 力 6.5
リンクマンとしてパスの中継役を担っただけでなく、66分にはボックス内へ飛び出して得点に絡んだ。78分にはオルンガにボールを奪われたが、その後の素早い対応でリカバーした。

47 中野伸哉 6.5
マッチアップしたクリスティアーノを完全に封じ込めた。攻撃でも機を見て高い位置までポジションを上げ、66分の追加点の起点となる。
FW
9 チアゴ・アウベス 6(17分OUT)
序盤はボックス内でシュートを狙うなど柏の脅威となったが、負傷により早い時間帯で交代となった。

MAN OF THE MATCH
16 林 大地 6.5(89分OUT)
53分に樋口のパスをダイレクトで合わせて待望の先制点を挙げる。得点以外にもポストワークで攻撃にテンポをもたらし、守備ではチームのスイッチを入れる猛プレスで柏のビルドアップにミスを生じさせた。

22 小屋松知哉 6(84分OUT)
ドリブルで攻撃にアクセントを与えていたが、68分と81分の2度の決定機ではキム・スンギュのビッグセーブに阻まれ得点には至らず。
交代出場
MF
23 本田風智 6.5(17分IN)
アクシデントで交代となったチアゴ・アウベスの交代の穴を全く感じさせず、むしろ66分には自ら放ったシュートのリフクレクションに反応して追加点を決めた。

MF
50 梁 勇基 −(84分IN)
投入直後に1点差に詰め寄られたが、最終ラインとの距離を詰めて不用意なスペースを作らずゲームをクローズした。

FW
7 金森健志 −(84分IN)
終盤だったため時計の針を進めるプレーを優先。ただ、サイドで時間を作ろうとしたものの、ボールを失うのが早かった。

FW
11 豊田陽平 −(89分IN)
コーナー付近で体を張ってボールをキープするなど、時間帯とスコアに応じたプレーを見せた。

監督
金 明輝 6.5
事前のゲームプランどおりの展開に持ち込み、完全にゲームの流れを掌握。チアゴ・アウベスのアクシデントも、交代で投入した本田が得点を決めるなど采配も光った。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●鈴木潤(フリーライター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加